認知症を何十年も遅らせた〝特異な遺伝子〟が発見される

認知症の大きな要因の1つであるアルツハイマー病。一般的にアルツハイマー病が進行すると数年で認知症になりますが、その進行を大幅に遅らせる可能性のある特異な遺伝子が発見されました。

*Category:サイエンス Science *Source:Nature Medicine ,sciencealert

アルツハイマー病の発症を遅らせる珍しい遺伝子が発見される


先日報告されたコロンビア人の男性のケースでは、彼がアルツハイマー病の症状が出ると予告されていた年齢を過ぎたにもかかわらず、現役で働き続け、早期60代で引退し、その後数年後の67歳で初めて認知機能の低下の兆候が現れました。

脳のスキャン結果からは、彼の脳が萎縮し、アミロイドプラークと呼ばれる粘着性の高いタンパク質の塊、およびタウという別のタンパク質の結び目が見つかりました。これらのタンパク質の集合は通常、重度の認知症を持つ人々に見られます。しかしこの男性の脳は、予想よりもアルツハイマー病に対してはるかに長い抵抗を示していたのです。

診断の結果、その要因と思われる珍しい遺伝子を彼が持っていたことが判明。この遺伝子は「リーリン」と呼ばれるタンパク質をコードしており、何十年もの間、彼をアルツハイマー病の発症から守っていたようです。

彼の脳の一部では、記憶とナビゲーションに関与する神経細胞がほとんど絡まっていない状態でした。通常、この脳領域は早期にアルツハイマー病に侵される領域ですが、この男性は遺伝子のごく一部が彼を守る保護タンパク質を与えてくれたかのようでした。

リーリンのアルツハイマー病における役割についてはまだほとんど分かっていませんが、コロンビアの神経学者フランシスコ・ロペラ率いる研究チームによる動物実験では、変異型のリーリンがマウスの脳内でタウタンパク質の結び目を防ぐ効果があることが示されています。この研究チームの結果は「Nature Medicine」に掲載されています。


ロペラの研究によって、アルツハイマー病について多くの知見が得られています。彼が40年近くもコロンビアで追跡してきた家族では、数十年にわたり、世代を超えて、約6,000人に及ぶ多くの人々がアルツハイマー病を引き起こす共通の変異を持っています。彼らはコロンビアアンティオキア地域の「パイサ変異」として一般的に知られており、研究のために血液や遺体、脳を提供しています。

この最新の研究では、コロンビアのアンティオキア大学のロペラ教授らは、約1,200人のコロンビアの家族から臨床データと遺伝子データを分析しました。認知機能が保たれていた男性と、彼よりも保護が弱く数年前に亡くなった彼の姉妹に、新たな極めて稀な変異を特定しました。

2019年にも、ロペラと彼の同僚たちは、パイサ変異を持つ女性の事例を報告しました。この女性は70代まで認知機能の低下の兆候を示さず、変異を保持する者に比べて30年以上も遅く発症しました。彼女の脳全体で非常に低いタウレベルが確認されましたが、彼女のアルツハイマー病への耐性は別の遺伝子の変異、APOEに帰因されました。

研究者たちは、リーリンとAPOEタンパク質の間に重なりや相互作用がある可能性があり、これが彼らの保護効果を説明することができると考えています。ただし、他の遺伝子変異も寄与している可能性があります。ロペラと同僚は、彼らの研究結果がアルツハイマー病についての新しい仮説形成に役立つと述べています。

時間が経てば、リーリンのシグナル伝達経路を利用した治療法が開発されれば、「タウパトロジーと神経変性への抵抗力、認知機能の低下とアルツハイマー病に対する耐性に重大な治療効果を持つ可能性があります」と研究者たちは結論付けています。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す