伊集院光が円楽師匠との師弟関係を語る! 落語を離れた理由は? 今だから話せるエピソードを紹介

ナイツ塙さんが運営する「ナイツ塙の自由時間」では、お笑いをテーマにした動画が注目を集めています。前回に引き続き、伊集院光さんを迎えての対談動画が注目を集めているようです。今回のテーマは、円楽師匠との師弟関係について。

この記事では、この対談で初めて明かした師弟関係の真相やSNSの反応をご紹介します!ぜひ最後まで読んでください。

オンライン学習なら資格スクエア!スキマ時間に効果的に学べます!


今だから話せる伊集院光さんと円楽師匠の師弟関係!

師弟関係の話にはじまり、養成所といった文化にも話を発展させていくようです。伊集院さんが17歳の時に師匠に弟子入りを果たして、およそ7年修行したとのこと。24歳の頃に「芸能に行きます」と話して、師匠のもとを離れたそうです。

それ以来、25年ほどは師匠との関係は複雑なものだったんだとか。徐々に関係を取り戻していき、年1回の顔合わせから年に4回会うところまでに関係が戻ったそうです。そんな時に話に上がった円楽師匠と伊集院さんの落語会をやるようになってからは、頻繁に会うようになるまでになったとのこと。

これまでの師匠との距離感を振り返った伊集院さんは、「師匠と離れた時期があってよかった」といいます。

伊集院さんのきっかけはラジオ

師匠にも落語会にもずっと隣り合わせにいて、「落語家のままでいたら師匠のありがたみもあんまりわからなかった可能性もある」とのこと。落語に行き詰まってしまった時には、落語会や師匠まで嫌いになっていることも想像しました。

伊集院さんが落語の世界から一歩外に出たきっかけがラジオだったようです。放送作家になった兄弟子さんから出演を依頼され、引き受けたことがはじまりでした。伊集院光という偽名を使っていることが落語会が曲解して、三遊亭の名を恥じているということになってしまったそうです。

一方で、円楽師匠だけは理解してくれていたといいます。理解を示してくれていた理由がわかったbのは、つい最近のことなんだとか。

円楽師匠が伊集院さんの理解者となれた理由

円楽師匠が落語会に入った時期は、落語協会が大混乱の最中にあったそうです。「落語協会でこれ以上弟子を増やすな」というルールが制定されていた時期だったんだとか。制定されるタイミングで円楽師匠は、師匠から弟子になれと呼ばれていたとのこと。

弟子を取れないルールから、はじめは落語家ではなく付き人として振る舞っていたそうです。付き人で通して、落語を教わった後にほとぼりが冷めたら師匠から弟子として紹介してもらう想定だったといいます。こうした落語家と別の身分をもつ経験を得たことで、伊集院さんの立場が理解できたそうです。

モグライダー芝さんの一言

お笑い芸人における師弟関係は、消えつつあると塙さんはいいます。漫才協会も同様に誰でも入れるようにしたんだとか。一方で、昔のように師弟関係の方がよかったと思える出来事があったといいます。

ナイツが所属するマセキ芸能社で、若手を集めて漫才協会の勧誘をした時のこと。お金を払えば入れるくらいに厳しくないものであることを伝えたところ、モグライダーの芝さんがそれだと面白くないと言ったそうです。

「漫才協会には、誰かの弟子になるから面白いのでは」との意見に、塙さんは感銘を受けた様子。師弟にしかできない空気づくりが理想的のようです。師弟関係ではなくても、近い空気を作れるのがよしもと芸人なんだとか。伊集院さんはよしもと芸人が作る空間を「吉本ボール回し」と表現。

吉本芸人との打ち合い

「吉本ボール回し」は、楽屋からすでに出来上がった連携プレーだといいます。「滞空時間の長いボールが俺の頭の上をずっと通っていく感じ」なんだとか。はじまってしまうと、伊集院さんも太刀打ちできないといいます。

そうしたことから、吉本に所属していない東京芸人はぶっ壊すしかなくなっているとのこと。ネプチューンのホリケンさん然り爆笑問題の太田さん然り、その場を壊すしか手段がなくなるそうです。とはいえ、吉本の連携プレーレベルの面白いことが東京でできるかと問われると思い当たらない様子。

M-1然り、ある意味吉本のおかげで全国レベルにまで行けた人もいるとのこと。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「定期的にやって欲しいし普通に番組として2人でやって欲しい。」「もうこの2人!一生喋っていてほしい!」といったコメントが寄せられています。

グッとくる話から共感できる話まで、最後まで満足のいく内容に早くも次の対談動画を期待する声が多く上がりました。

初公開の情報に感動したとの声が多くあがっていました!

伊集院さんと円楽師匠との師弟関係を聞けて満足したとの声も多くあがっているようです。

伊集院さんの師弟関係の真相

最後まで読んでいただきありがとうございました!伊集院さんと円楽師匠との関係性にあらためて感銘を受けた視聴者も多かったようです。円楽師匠も同じ境遇を経験したことで、伊集院さんの理解者になったのは、人が織りなすドラマのようにも感じられます。

師弟関係に近いものが吉本所属の芸人さんにも感じるとのことですが、やはりそれ以上に代え難い関係性であることは間違いないようです。

オンライン学習なら資格スクエア!スキマ時間に効果的に学べます!

サムネイルは以下より:

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す