【新人教育】教えるのが上手い人はコレやってます。指導するときに大切な心構え3選

後輩を指導するときに必要なことはなんでしょうか。

先輩となり、後輩を指導するときに大切な心構え3選を紹介します。
日頃から意識して業務や後輩と関わることで、慕われる先輩になれますよ。

格安航空券予約「ソラハピ」を無料でダウンロード!

目次

後輩指導の心構え

後輩を指導するための心構えは、以下3点です。

・先輩としての自覚や責任をもつ
・後輩を理解する
・後輩との間に話しかけやすい関係を築く

順番に解説していきます。

心構え1:先輩としての自覚や責任をもつ

後輩指導の心構えは、先輩としての自覚や責任をもつことです。

後輩は先輩の仕事での立ち振る舞いや仕方、身だしなみなど様々なところを観察しています。

後輩を指導する前に、指導者自身が相手から見られていることを自覚し、行動することが重要です。

先輩として、言動やビジネスマナーは適切か注意し仕事に取り組みましょう。

心構え2:後輩を理解する

後輩を理解することは、後輩指導の心構えの1つです。

後輩は、一人ひとり性格や育ってきた環境が違いますよね。学生時代に部活で上下関係を学んできた子や褒められて伸びる子もいます。

自分が指導をする後輩が、どんな性格をしているのか、何に悩んでいるのか、得意不得意などを理解することは重要です。

後輩にあった指導方法をみつけていきましょう。

心構え3:後輩との間に話しかけやすい関係を築く

後輩指導の心構えは、後輩との間に話しやすい関係を築くことです。

普段から後輩とのコミュニケーションを密に取っておくと、何か困ったことがあったときに相談しやすくなります。

後輩から、先輩に話しかけるのは億劫です。仕事のミスなら、尚更ですね。
日頃から「なにか困ったことやわからないことがあれば、遠慮なくいって」など声をかけておくと、後輩は話しかけやすくなります。

普段の会話から、後輩や相談しやすい環境づくりを意識しましょう。

まとめ 頼りになる先輩になろう!

後輩を指導するときに大切な心構えは、以下3点です。

・先輩としての自覚や責任をもつ
・後輩を理解する
・後輩との間に話しかけやすい関係を築く

人に指導するのが苦手な人もいるでしょう。
後輩を指導することは、後輩のためだけではなく、自分自身の成長にも繋がります。

人に物事を伝えるには、後輩がどんな人なのかを考えることが大切です。
何に悩んでいるのか、業務のどこまでがわかっていないか、どんな教え方があっているのか。

後輩を知ることで、指導方法が見えてきます。根気強く向き合っていきましょう。

格安航空券予約「ソラハピ」を無料でダウンロード!

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す