ロシア海軍に訓練された「スパイ・イルカ」が目撃される

2019年にノルウェーでハーネスをつけたベルーガ(別名シロイルカ)が発見されました。このシロイルカは実はロシア海軍のスパイではないかと考えられていました。それから4年、今度はスウェーデンの海岸に現れたのです。

*Category:サイエンス Science *Source:sciencealert,BBC

スパイイルカ、伴侶を求めて大移動?!


ノルウェーの極北地域フィンマルクで最初に発見されたこのシロイルカは、3年以上かけてノルウェーの海岸線の上半分をゆっくりと移動し、ここ数カ月で突然スピードアップしてスウェーデンまでやって来ました。スウェーデン南西部沿岸のフネボストランドで観察されたのです。

OneWhaleの海洋生物学者であるセバスチャン・ストランド氏は「なぜこんなにスピードアップしたのかわかりません。ホルモンの作用で伴侶を見つけようとしたのか、あるいは、ベルーガは非常に社会的な種であるため、寂しかったのかもしれません。」とAFPに語っています。


13~14歳とみられるこのシロイルカは、「ホルモンが非常に多い年頃」だとストランド氏は話します。このシロイルカは、2019年4月にノルウェーに到着して以来、他のシロイルカに一度も出会っていないのではと考えられています。

このシロイルカはノルウェー語でクジラを意味するhvalとロシアのウラジーミル・プーチン大統領を掛けてバルジミール(Hvaldimir)と名付けられました。ノルウェーの北極圏に初めて現れたとき、ノルウェー漁業総局の海洋生物学者たちによって、取り付けられていた人工のハーネスが外されました。ハーネスにはカメラを取り付けられるようになっており、プラスチックの留め具には「サンクトペテルブルク(ロシアの都市名)備品」と書かれていました。


同局の職員によると、バルジミールが人間に慣れているように見えたことから、ロシア海軍に訓練されていたところを逃げ出してやって来たのではないかとのこと。しかしロシアが、公式な反応を示すことはありませんでした。


バルジミールはノルウェーではサケの養殖場の下で野生の魚を食べて暮らしていました。そのためここ数年の健康状態は非常に良好だったそうです。しかし、スウェーデンでは餌を見つけられるかどうかが心配されており、すでに体重の減少も確認されています。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す