【プロ野球】交流戦で6本目のアーチ!! 岡本和真選手が好調な理由とは?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

今シーズン、読売ジャイアンツの4番打者として活躍している岡本和真選手。WBCでは、日本代表を優勝に導く活躍を見せ、今シーズンの活躍が注目されていました。岡本和真選手は、その期待に応える結果を出し続け、両リーグトップタイの15本塁打、交流戦では3冠王の成績を残しています。そこで今回は、岡本和真選手について解説していきます。

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>3000作品以上のエンタメ・スポーツ作品配信中!

目次

目次

岡本和真選手の今シーズンの活躍ぶり

岡本和真選手は、今シーズン58試合に出場し、打率.324・15本塁打・34打点を記録。打率リーグ5位・本塁打両リーグトップ・打点リーグ3位タイと3冠王を狙える位置につけています。

今シーズン岡本和真選手は、打撃面での活躍が大きく、4番で起用したいチームの方針と、若手の台頭・中田翔選手の打撃の好調さなどを加味したオーダーでの出場となると、様々なポジションでの起用となり、本職以外でも多く出場しているとのこと。

様々なポジションでの起用は、選手にとって負担が大きくなりますが、岡本和真選手は、それに動じずに結果を残せています。今後、どんな活躍を見せてくれるか楽しみです。

両リーグトップの15号本塁打

岡本和真選手は、5年連続30本塁打以上を記録し、2度本塁打王を獲得したことのあるホームランバッターです。今シーズンも、順調にホームランを放ち、現在までに両リーグトップの15本をマーク。

4月は、なかなかホームランが打てず、2本で終わりましたが、5月から、徐々に打てるようになり、9本をマーク。6月の前半戦だけで、4本をマークし、両リーグ単独トップに浮上。

岡本和真選手は、5年連続で30本塁打以上放っているバッターの為、ホームランを積み上げる速さが圧倒的です。ここから、どこまでホームランを積み重ねることが出来るか、楽しみですね。

交流戦打撃3冠を狙える位置に!

岡本和真選手は、交流戦に突入後、調子を上げ、6本塁打・12打点をマークし、両リーグで首位。打率は.395で4位の成績を残しています。打撃3冠を狙える好位置に付けており、ここからの活躍が楽しみな選手ですね。

パ・リーグで首位を走っているチームの投手からも、本塁打やヒットを放ち、チームの勝利に大きく貢献しているとのこと。交流戦だけで、6本塁打を記録しています。

普段対戦しない相手から、本塁打をこれだけ打てるのは、岡本和真選手の好調さと技術の賜物。ここから、残り6試合の交流戦で、本塁打・打点・打率をどこまで伸ばせるか楽しみです。そして、交流戦で打撃3冠を取れるよう、頑張って欲しいですね。

チーム復調への鍵を握る選手!

今シーズンの読売ジャイアンツは、主力打者の故障による離脱や打撃不振に陥り、現在セ・リーグでBクラスの4位に沈んでいます。その中でも岡本和真選手だけは、59試合全試合に4番打者として出場。

ここ最近の、打撃では、ホームランを狙うだけではなく、つなぐ意識でチャンスメイクし、4番打者として相応しい成績です。この意識がうまくチームに順応し、交流戦で巻き返しを図っています。

現在、読売ジャイアンツは、交流戦で7勝5敗のトップタイと少しずつ復調へ向けて進んでいますね。この順位は、主力選手の復活などもありますが、岡本和真選手の好調さも要因の一つだと思いました。

まだまだ、巻き返しの狙える位置にいる読売ジャイアンツが、岡本和真選手の活躍でどこまで順位を引き上げられるか、注目です。

読売ジャイアンツの新キャプテンとしての振る舞い!

岡本和真選手は、今シーズンから読売ジャイアンツの第20代キャプテンに就任。球団史上最年少タイとのこと。キャプテンに就任し、初めて迎えたキャンプでも、常に先頭を走り、順調な仕上がりを見せていました。

また、後輩からの信頼も厚く、技術面での頼もしさはもちろんのこと、分からないことや困ったことなどにも親身に相談に乗ってくれ、アドバイスをくれるとのこと。

こういった取り組みができるようになってくると、若手選手もプレーしやすくなり、チームの成長に繋がります。また、岡本和真選手は、プレーでもキャプテンとしてチームを引っ張る活躍を見せていますね。

勝負所で、試合を決めるバッティングを見せたり、繋ぐ意識のバッティングでチャンスメイクしたりと、キャプテンとして背中で凄さを語っていました。

理想のキャプテン像に相応しい成績を残し、後輩からの信頼も厚い岡本和真選手が、キャプテンとして、どのようなチームが出来上がっていくのでしょうか。今後の動向を見守っていきましょう。

まとめ

交流戦に入り、調子を上げてきている、読売ジャイアンツの第20代キャプテン岡本和真選手。現在、両リーグトップの15本の本塁打を記録し、その内の6本は、交流戦で記録。

短期間の間にパ・リーグの主力投手から6本の本塁打を放った岡本和真選手は、読売ジャイアンツにとって欠かせない選手の1人です。開幕から唯一全試合に4番打者として、君臨している岡本和真選手が、チームの上位進出に向けて、どんな活躍を見せてくれるか、楽しみですね。

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>3000作品以上のエンタメ・スポーツ作品配信中!

勝敗予想で盛り上がるスポーツSNS「Omada」を無料でダウンロード!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次