【U-NEXTに入ってるならコレも観て】映画「テリファー」と肩を並べる衝撃作「クラウン」の紹介

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

途中退場者続出、全米が吐いたという衝撃作『テリファー』。6/2に続編が公開されましたが、ホラー好きの方はもう見にいきましたか? やっぱりピエロは怖いですよね。でもテリファーだけじゃ物足りない。もっと怖いピエロが見たい! という方にぜひ見て欲しい作品を紹介します! そうでない方ももちろん楽しめますよ!

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

目次

目次

1:全米が吐いた『テリファー』とは?

2016年に1作目が公開され、殺人ピエロに襲われるという昔ながらのホラー映画でありながら、殺人鬼アート・ザ・クラウンの不気味さや、用いられる手段のおぞましさから一気に話題作になりました。

「ギコギコしちゃうぞ」というキャッチフレーズとともに日本に上陸したテリファーは、国内のホラーファンからも支持される人気キャラへ。

1:待望の続編が公開

そしてついに2作目が公開されました! 既に鑑賞した人の感想を見る限り、とても面白い仕上がりになっていたようです。前作同様にグロテスクなシーンは多いそうなので、苦手な人は注意して下さいね。

公式ツイッターはピエロらしく、結構お茶目な感じです。すぐにリプライでギコギコしにいきがち。
それでは、テリファーで味わった恐怖をもう一度! 怖いピエロ映画の紹介です!

1:『道化死てるぜ!』(2012年)

邦題のセンスがぶっ飛んでるこの作品ですが、ピエロ系ホラーの中ではかなり芸術的なほうなんです。

哀しきピエロの復讐劇。その見どころを紹介します。

1:最初に殺されたのはピエロのほう

物語の発端は、行儀の悪い子どもたちが起こした最悪のアクシデントです。誕生日会の余興として呼ばれたピエロの男は、皆の前で大道芸を披露するのですが、これが不評。「つまんねーよ!」と子どもからブーイングを喰らう羽目に。

それだけに飽き足らず、彼らは面白半分でピエロを痛めつけるのですが、手違いでピエロの頭に包丁が突き刺さります!

2:黒魔術で復活

年数が経ち、事件当時は幼かった子どもたちもすっかり学生に。誰もがピエロのことなど忘れていました。しかし殺された当の本人が、のうのうとキャンパスライフを送る彼らを許すわけありません!

黒魔術により墓から起き上がったピエロ。凶器を手に、目指すは子供たちが集まるパーティ会場でした。

3:アーティスティックな殺し方

この映画が他のスプラッター映画と違うところは、その多彩な殺害方法! ピエロという設定を存分に活かしており、次はどんなのが来るんだろう? と見ているうちにワクワクしてしまうんです。例えば、空気入れを相手の後頭部に突き刺して、頭を風船みたいに破裂させたり、引きずり出した大腸でバルーンアートをやったりなど、とにかくバラエティ豊か。 

刃物で突き刺すだけの3流ピエロとは訳が違います。

怖いだけじゃない。その手法に感心もさせられる『道化死てるぜ!』でした。

2:『クラウン』(2015年)

前述の2作とは打って変わって、こちらは哀愁漂う悲劇のピエロ。普通の家庭を持つ優しいパパが、呪いに侵されて正気を失っていく様が恐ろしい作品です。

ピエロが怖いというよりも、温かい家族が崩壊していく様がなんとも恐ろしい作品。そのみどころを紹介します。

1:始まりは子どもの誕生日

主人公のケントは、妻と1人の子どもを持つごく普通の男性でした。その日は息子の誕生日。アメリカでは子どもの誕生日パーティにピエロを呼ぶのがメジャーなのですが、手配していたはずのピエロが急遽来られなくなってしまいます。

子どもを悲しませまいとして、ケントは偶然手に入れた衣装とメイク道具でピエロに変身! これが全ての始まりでした。

2:脱げない呪いの衣装

ケントの機転のおかげで誕生日パーティーは無事終了。父親が扮するピエロに息子も大喜びでした。疲れたケントは、ピエロのメイクも落とさず、衣装も着たまま眠ってしまいます。そして翌朝、ある異変が。

どうやっても衣装が脱げず、丸い鼻もくっついて取れないのです。引っ張っても無理。ナイフで切ろうとしても刃が立たない。そんな状況にケントはパニックに!

3:浸食されていくケントの心

ケントが身に付けたピエロの衣装は、実は悪魔の呪いが込められた恐ろしい代物でした。この映画の設定では、ピエロとはもともと人間を喰らう怪物。それが長い時を経て、今のような道化師の形になったのだとか。

悪魔時代の黒魔術がしみ込んだその衣装は、ケントの精神を徐々に蝕んでいき、やがて彼自身を人喰いのモンスターへ変えてしまうのです。

4:視聴者を裏切った衝撃シーン

ホラー映画で殺されるのは、大体は大人か、そうでなくてもある程度成長した子どもです。純真無垢な幼い子どもは、決して殺害の対象にならない。そう考えていたのは私も同じでした。

しかしこの映画にそれは通用しません。悪魔に憑りつかれたケントは、名前も知らない小さな子どもを、耐えがたい空腹感を満たすためだけに襲います。ぐうぐうと鳴るお腹の音と、自分の心とせめぎ合うケントの苦悩。ものすごく衝撃的なシーンでした。

これは怖さよりも哀しさが勝つ映画です。見終わった後、「あー、怖かった」というよりは、溜息をついてしばらく動けなくなるタイプの作品でした。

ピエロはまだまだ止まらない!

絶賛公開中の『テリファー 終わらない惨劇』ですが、既に続編の製作が決定したようです! 怖いけど、どこか面白い。ピエロにはそんな魅力があるので、いつの時代でもホラーファンに愛される存在なんですね。

まだまだ新しいキャラクターが生み出されるであろう、これからのピエロ業界に期待しましょう!

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次