【野球】阪神・才木投手が“日本一打たれない”ワケ

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

早くもシーズンの4割ほどの試合を消化したプロ野球。セ・リーグ首位を快走するのは阪神タイガースです。その躍進を支えるのは12球団一ともいわれる盤石な投手陣。特に最近頭角を現してきているのが才木浩人投手です。なぜ才木投手は打たれないのでしょうか? あの佐々木朗希投手を凌ぐ日本一の数値も? 解説していきます! 

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>3000作品以上のエンタメ・スポーツ作品配信中!

目次

目次

才木投手の経歴は? 

そもそも才木投手はどんな投手なのでしょうか? 一軍に定着してから日も浅いので詳しく知らない方も多いのではないでしょうか? 山あり谷ありの野球人生です! 見ていきましょう! 

キャッチャーとして野球人生をスタート! 

才木投手は兵庫県神戸市西区出身。ハンドボールで全日本大学選手権に出場した経歴を持つ母と、ロボット制作に携わる父の間に生を受けます。

野球との出会いは小学1年生のとき。元アスリートの母に勧められたことをきっかけに野球を始めます。当時はピッチャーではなくキャッチャーでした

名門校から声はかからず……

プロ野球選手にはリトルリーグ時代からエースで4番として活躍していた選手が多々見られますが、才木投手はちょっと違います。中学2年生のときにピッチャーへ転向しますが、野球の名門校からは声はかからず。お兄さんの通っていた地元の公立高校へ進学します。

「公立の星」として国内外のスカウトから注目される! 

しかし高校で才木選手に運命の出会いが待っていました。中尾修監督との出会いです。中尾監督からかけられた「手も長いし、しなやかで、身長もある。これだけ条件が整っていて、プロを目指さないと野球の神様に失礼だ」という言葉を機に才木投手は奮起。入学当初120キロだった球速は148キロまでアップ! 全国大会には届きませんでしたが、「公立の星」として国内外のスカウトから注目される存在になりました

そして2016年に阪神タイガースからドラフト3位指名を受け、プロ野球の門を叩くことになったのです! 

プロ初登板で初ホールドを記録! 

2017年二軍で14試合に登板し、実戦経験を積んだ才木投手。10月5日の中日ドラゴンズ戦で一軍デビューを果たします! 1回を1安打無失点に抑え、プロ初登板にして初ホールドという快挙を成し遂げました! 

悔しさをバネにプロ初勝利をつかむ! 

2018年5月20日の中日ドラゴンズ戦、才木投手は初めて先発のマウンドに上がります! 対戦相手は「平成の怪物」こと松坂大輔投手です! 5回まで力投しますが結果は12安打5失点。敗戦投手となり、初先発は黒星スタートとなりました。

5月27日の読売ジャイアンツ戦で再び先発を託された才木投手。前回の悔しさをバネに6回を投げ2安打7奪三振無失点という好投! プロ初勝利を手にしました! 

2018年シーズンは先発・セットアッパーとしてフル回転。6勝10敗1ホールドの成績を残しました。

支配下登録を外れ、育成選手として再契約…

しかし2019年才木投手に試練が待っていました。自身開幕2連勝で迎えた5月12日の中日ドラゴンズ戦。5回を投げて8安打5失点という乱調。出場選手登録を抹消されます。5月19日の二軍戦のマウンドに上がりますが、先頭バッターを打ち取ったところで右ひじの違和感でを訴え緊急降板。以後はリハビリに専念します。

2020年11月にはトミージョン手術を受けることを決断。支配下登録を外れ、育成選手として再契約をしました

1159日振りの勝ち星をつかみとる! 

2021年もリハビリに専念した才木投手。苦しいリハビリを乗り越え、2022年2月にようやく実戦復帰を果たします! 4月には球速も150キロを記録! 二軍戦で5試合に登板し防御率2.95の好成績。5月4日支配下復帰を果たします! 

迎えた7月3日の中日ドラゴンズ戦。ついに支配下復帰後初となる一軍マウンドに上がりました。最速153キロのストレートを武器にドラゴンズ打線を抑え込み、5回を5安打無四球無失点の好投! 1159日ぶりの白星を掴みました! 

才木投手活躍の理由をセイバーメトリクスで分析! 

才木投手は今シーズン一時2軍落ちを経験するも9試合に登板し5勝3敗。防御率は1.53の成績を残しています。防御率はリーグ2位の好成績。そして奪三振率は9.36とリーグ1位につけています! この活躍の理由はどこにあるのでしょうか? ここでは野球をデータから分析する「セイバーメトリクス」という指標を用いて才木投手の活躍の理由を探っていきます! 

日本で最も打たれないストレート? 

才木投手のストレートの平均球速は149.6キロ。今シーズン40イニング以上投げたピッチャーの中で10位と決してストレートの球速は速い方ではありません。

しかし驚くべきなのが「wFA」。「wFA」はストレートによる失点増減を示す数値で大きければ大きいほどストレートの結果が良かったことを示します。才木投手の「wFA」は11.0。日本プロ野球初の2年連続投手5冠を達成した山本由伸投手や令和の怪物こと佐々木朗希投手を抑えての1位! 今日本で最も打たれないストレートを投げているのが才木投手といえるのです! 

才木投手のさらなる飛躍に期待! 

直近自身4連勝とますます勢いに乗る才木投手。日本で最も打たれないストレートを武器にどこまで勝ち星を積み上げるのでしょうか? 首位阪神を支える才木投手のさらなる飛躍に期待です! 

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>3000作品以上のエンタメ・スポーツ作品配信中!

勝敗予想で盛り上がるスポーツSNS「Omada」を無料でダウンロード!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次