【実食】貝好き集合! 今日から「極上貝盛り合わせ」が登場! コリコリ食感がたまらん! #くら寿司

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

くら寿司にて本日6月23日(金)より、「炙りのどぐろといくら」フェアが開催。極みの逸品「極上貝盛り合わせ」も新登場です。

ひと足先にいただいてきました!

目次

「炙りのどぐろといくら」フェア開催


くら寿司にて本日6月23日(金)より、「炙りのどぐろといくら」フェアが開催。「炙り熟成のどぐろ(一貫)」「大粒いくら(一貫)」「大切り炙りえんがわ焦がし醤油(一貫)」といった、今だけのネタが揃っています。

さらに、極みの逸品シリーズに「極上貝盛り合わせ」が新登場。大皿メニューとしては珍しい、貝づくしの一皿になっています。

・極上貝盛り合わせ 990円
・炙り熟成のどぐろ(一貫) 165円
・大粒いくら(一貫) 180円
・大切り炙りえんがわ焦がし醤油(一貫) 130円

極上貝盛り合わせ


「極上貝盛り合わせ」は、肉厚なホタテの上にイクラを乗せた手巻きや、コリコリとした食感の“生あわび”、年々希少になってきている大ぶりな“赤貝”、通常商品より2倍の大きさの北海道産“つぶ貝”、生だからこその旨みと甘みが味わえる北海道産“ほっき貝”が一皿で楽しめます。

「つぶ貝軍艦ほたて手巻きいくら添え」は大きなホタテにいくらが乗せられた見た目も華やかな一貫。口の中いっぱいに甘いホタテの味が堪能できます。


「赤貝」はコリコリした食感と香りの良さが特徴。


「ほっき貝」もコリコリした食感ですが、赤貝よりもさっぱりした印象。


「つぶ貝軍艦」は、添えられた大葉の香りがとても爽やか♪


「生あわび」は、噛むとジュワッと溢れるエキスが口いっぱいに広がるおいしさ!


貝好きに大満足の内容になっているので、ちょっと贅沢なランチでも、夜にお酒と一緒に楽しむのもオススメの一皿でした。

炙り熟成のどぐろ(一貫)

脂乗りが良い魚体を独自の方法で熟成し、ノドグロ本来の旨みを引き出した「炙り熟成のどぐろ(一貫)」が165円で登場! 高級魚なのに、お手頃価格なのが嬉しい♪


皮目は炙られて香ばしく、実はじゅわっとジューシーなほどに脂のりの良いおいしさ! 濃厚なノドグロの味を存分に味わえます。


大粒いくら(一貫) 180円

大粒でコクのある白サケのイクラを仕入・加工・味付けまで一括管理し、加工場で粒の大きさなど一定の基準を満たしたものだけを厳選したという「大粒いくら(一貫)」。


口に入れると、プチプチと弾けていくらエキスが溢れ出すおいしさです!


大切り炙りえんがわ焦がし醤油(一貫)

定番商品のえんがわより約1.5倍の大きさになった「大切り炙りえんがわ焦がし醤油(一貫)」。


ふわっと柔らかな身は、脂ノリが良くてとろけるおいしさ。だし醤油に漬け込んでから炙られているので表面は香ばしく、中はジューシーなんです!


このほかにも「極み熟成 大とろ(一貫) 345円」や「【宇和島産】みかんぶり(一貫) 165円」など、期間限定ネタが登場している、くら寿司。鬼滅の刃コラボも実施中なので、ぜひチェックを!

※一部店舗では価格が異なります。
※一部商品は予定数量に達し次第、販売終了となります。

公式サイト:くら寿司

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次