【本当は教えたくない】エクセル時短テクニック! “便利技”3選をご紹介!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

新生活、新春が近づいてまいりました。仕事・学業でもエクセルは頻繁に使うことになりますよね。これを知れば時短になるという便利技を3選お教えします。

ぜひ、最後までご覧くださいね!

うまく表示されない方はこちらをタップ!!

目次

悩み1.「言葉」と「言葉」を分けたいが、手打ちだと時間がかかる


例えば、「性」と「名」を分けて入力したいとき、手入力でいちいち入力していませんか? 

少ない項目ならば手打ちの方が早いですが、長い項目を手打ちでやるとなると時間がかかってしまいます

これをもっと簡単にする方法をご紹介します!

STEP1:最初だけ入力する


最初の項目だけ「性」と「名」を入力します。

STEP2:あとは「ctrl+E」を押すだけ


上記の表でいうところの「松井」のセルをクリックしたまま、「ctrl+E」を押すだけです。

簡単すぎる!!

地味に知っておくと便利なスキルです。

悩み2.SUM関数を使わないで素早く計算したい


エクセルでSUM関数を使い、合計を出していませんか?

実はこれ、時間と手間をかけたやり方なんです。

とあるショートカットキーを使えば、一瞬で全ての合計を出すことができます!

STEP1:「Ctrl+A」で表全体を全選択


まず、「Ctrl+A」で表全体を全選択します。

表全体に、薄く黒っぽい色がかかっていればOKです!

STEP2:次に「Shift+Alt+=」を押すだけ


「Shift+Alt+=」を押すだけで、このように一瞬にして合計を出すことができました!

簡単すぎますね。いちいちマウスでクリック操作をすることがないので、楽です!

悩み3.番号を1〜100まで入力したいが、手打ちだと時間がかかる


番号を1〜100まで入力したいとき、どうやっていますか?

このように、1.2と手打ちしてから、


マウスでビヨーンと伸ばしていませんか?

でもこれ、ピッタリ100にするの、結構難易度高いですよね。時間も手間もかかります。

もっと楽にできる方法があるのでご紹介します。

STEP1:最初は「1」を入力する


最初は「1」だけを入力してください。

STEP2:「Alt」→「E」→「I」→「S」→「Enter」を押す


次に「Alt」→「E」→「I」→「S」→「Enter」の順番でキーを押してください。

すると、オートフィルが出現します。

範囲を「列」にします。そして、停止値を「100」と入力します。入力し終わったら「OK」

そうすると……?


お!自動で入りました!


ちゃんと100まで入力されています。素晴らしい!あっという間でしたね。

まとめ:時短テクニックで仕事を効率的に!

いかがでしたでしょうか? ショートカットキーって難しい印象がありますよね。

でも使い慣れると時短に繋がりますし、脱マウス化をすることで、手の疲労も軽減されます。

最初は慣れないかもしれませんが、このような便利技を使って時間を有効活用しましょう♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次