「冷凍枝豆」コスパ最強は? セブン・ファミマ・ローソン徹底比較!

ビールに枝豆が美味しい季節になりました。帰宅後、すぐ一杯やりたい! なんて時に便利なのがコンビニの「冷凍枝豆」です。今回はコンビニ3社の「冷凍枝豆」を食べ比べてみました。

コンビニ3社! 「冷凍枝豆」を徹底比較


ビールに枝豆が美味しい季節になりました。帰宅後、すぐ一杯やりたい! お湯でゆでるのは暑苦しい! なんて時に便利なのがコンビニの「冷凍枝豆」です。今回はコンビニ3社の「冷凍枝豆」を食べ比べてみました。コスパ最強はどのコンビニでしょうか。

3社の「冷凍枝豆」が集合!

左からセブンの「塩ゆで枝豆」、ファミマの「レンジで手軽に塩味枝豆」、ローソンの「塩味えだまめ」です。


セブン−イレブン「塩ゆで枝豆」

パッケージと中身をチェックしてみた

枝豆が散りばめられたグリーンのパッケージが目に眩しい。レンジや流水解凍、自然解凍が可能です。


今回、自然解凍してから封を開けています。全体的に浅いグリーン。3粒入りでしっかりした大きさのものが多い印象です。粒はそろっていて、全体的にふっくら。


いただきます

口に放り込むと、やわらかな歯ごたえの後に、甘さが広がります。一粒ずつが大きめなので食べごたえがばっちり。甘さと塩加減のバランスがとってもいい。

カロリーと栄養成分

カロリーは158kcalです。たんぱく質12.9g、脂質7.5g、炭水化物10.5g(糖質3.2g、食物繊維7.3g)、食塩相当量0.8g


ファミリーマート「レンジで手軽に塩味枝豆」

パッケージと中身をチェックしてみた

ヘルシーで爽やかなパッケージ。こちらもレンジや流水解凍、自然解凍がOKです。


グリーンが濃くてひときわ青々しています。粒は大きいものや小さいものまでが混在していて います。


いただきます

口に含んだ瞬間、風味がじわっ。枝豆ならではのイキイキとした野趣が感じられます。塩味もほどよい加減です。

カロリーと栄養成分

カロリーは103kcalです。たんぱく質8.4g、脂質4.9g、炭水化物6.8g(糖質2.1g、食物繊維4.7g)食塩相当量0.5g。


ローソン「塩味えだまめ」

パッケージと中身をチェックしてみた

ふわっとしたおしゃれめなデザインです。収穫後その日のうちに塩茹でしているよう。レンジと流水解凍、ボイル解凍、自然解凍が可能です。


ローソンはお値段がお高めな分、量が多くてどっさり入っているんですよね。中身もやっぱり多い。


いただきます

全体的に厚みがあります。やや固めな歯ごたえが気持ちいい。みずみずしくて噛みしめるごとに、ジワジワと旨みが広がります。

カロリーと栄養成分

カロリーは1袋可食部あたり158kcal。たんぱく質12.9g、脂質7.5g、炭水化物10.5g(糖質3.3g、食物繊維7.2g)、食塩相当量0.9gです。


計測してみた

実際、食べる豆の重さは公表されていないので、手元の計りで計測してみました。

セブン:66g
ファミリーマート:55g
ローソン:107g


可食部(豆の重さ)
可食部分の10gあたりの価格を計算してみました。

豆の重さ 価格 10gあたりの価格
セブン-イレブン 66g 138.24円 20.94円/10g
ファミリーマート 55g 128円 23.27円/10g
ローソン 107g 235円 21.96円/10g

ファミマの枝豆が最も青々としています。


いちばん大きい枝豆をピックして並べてみました。


一番、粒が大きかったのはセブン。


まとめ

さて、コスパ最強はどのコンビニでしょうか。

食べられる部分を比べてみると、セブンは20.90円/10g、ファミマは23.27円/10g。ローソンは21.96円/10gという結果に。というわけで、今回セブンに軍配があがりました。

今回比較してみて、どのコンビニもクオリティが高くてびっくりしました。枝豆って自分で調理するときは下処理や塩の量や茹で時間が難しいけれど、冷凍枝豆なら手間もテクニックも要りません。解凍方法もレンジや流水・自然解凍などが選べて便利だ、冷蔵庫にキープしておけばすぐに食べられます。これは夏のマストですね。

選ぶ際のポイントですが、セブンとファミマは100円台なので気軽に購入できます。枝豆の甘みや柔らかな歯ごたえを感じたい時はセブン、瑞々しさと豊かな風味を追求したいときはファミマ、存分に枝豆を頬張りたい時、家族や仲間と一緒に食べる時は量がたっぷり入ったローソンがオススメです。ぜひあなたも食べ比べてみてくださいね。

                

セブン-イレブン ファミリーマート ローソン
商品名 塩ゆで枝豆 レンジで手軽に塩味枝豆 塩味えだまめ
価格 138.24円(税込) 128円(税込) 235円(税込)
内容量 120g 130g 200g
可食部(豆)の重さ 66g 55g 107g
可食部(豆)10gあたりの価格 20.94円 23.27円 21.96円
栄養成分 可食部100gあたり
たんぱく質12.9g
脂質7.5g
炭水化物10.5g
(糖質3.2g、食物繊維7.3g)
食塩相当量0.8g
可食部65gあたり
たんぱく質8.4g
脂質4.9g
炭水化物6.8g
(糖質2.1g、食物繊維4.7g)
食塩相当量0.5g
1袋可食部あたり
たんぱく質12.9g
脂質7.5g
炭水化物10.5g
(糖質3.3g、食物繊維7.2g)
食塩相当量0.8g
カロリー 158Kcal/可食部100gあたり 103kcal/可食部65gあたり 158kcal/1袋可食部あたり

※可食部の重さはAppBank調べ
※個人の感想を含みます。同じコンビニでも地域やお店によって違いがあるので、実際はお店で確かめてくださいね。

公式サイト:セブン-イレブン|7プレミアム 塩ゆで枝豆
公式サイト:ファミリーマート|レンジで手軽に塩味枝豆
公式サイト:ローソン|塩味枝豆

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す