次世代「iPhone 15」のバッテリー駆動時間は〝スマホ史上最高〟レベル

今年発売される見込みの「iPhone 15」シリーズのバッテリー容量が大幅に増加することが、リークによって明らかになりました。

*Category:テクノロジー Technology *Source:IT Home ,9to5Mac ,iFixit

「iPhone 15」シリーズのバッテリー容量がリーク


今回のリークは最初に中国SNS「Weibo」で浮上し、中国テックメディア「IT Home」が発見したものです。



  • iPhone 15:3877mAh(18%増)
  • iPhone 15 Plus:4912mAh(13.6%増)
  • iPhone 15 Pro:3650mAh(14.1%増)
  • iPhone 15 Pro Max:4852mAh(10.9%増)


— 出典:IT Home

リークが正しければ、「iPhone 15」シリーズではバッテリー容量が大幅に増加していることになります。

テックメディア「9to5Mac」は、iPhoneのバッテリー駆動時間について「バッテリーの大きさ」と「iPhone内部のプロセッサー効率」という2つの主要因に影響されると指摘しています。



今年のiPhone 15とiPhone 15 Plusには、5nm製造プロセスで製造されるA16 Bionicプロセッサが搭載される可能性が高い。しかし、iPhone 15 ProとiPhone 15 Proには、3nm製造プロセスで製造される新しいA17 Bionicチップが採用される見込みだ。

チップの製造サイズ「ナノメートル」は、チップ上のトランジスタ間の距離を表している。距離が小さいほど、性能と効率が向上する。


— 出典:9to5Mac

チップは一般的に、プロセスサイズが小さいほど電力効率は高くなります。もともとバッテリー容量に反して駆動時間が長かったiPhoneシリーズですが、3nmチップを初めて搭載する15 Proモデルはスマホ史上最高レベルのバッテリー駆動時間が期待できそうです。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す