『信長の野望・新生』パワーアップキットの価格|Steamは?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

コーエーテクモゲームスから発売される、本格戦国体験ゲーム『信長の野望・新生 with パワーアップキット(信長の野望・新生WPK)』に関する情報を紹介します。

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています


目次

目次

『信長の野望・新生 with パワーアップキット』とは?


信長の野望・新生 が新政策と新特性、新シナリオや編集機能など追加要素を加えて、信長の野望・新生 with パワーアップキットとしてパワーアップして帰ってきました! 

新政策や新特性では新たな武将に加えて、生きた武将たちの特性が強化されており、城主にした際などに武将ごとで違った効果を得ることができるようです。

そして新シナリオでは関ヶ原の戦いなど4つのシナリオが新たに加わり、信長の野望・新生では体験することのなかった、新たな時代を経験することができます。

『信長の野望・新生 with パワーアップキット』の発売日と対応機種は?


信長の野望・新生 with パワーアップキットは、コーエーテクモゲームスから2023年7月20日に発売予定です。

対応機種はPlayStation4/ Nintendo Switch /PC(Steam)となっています。

『信長の野望・新生 with パワーアップキット』の値段と予約・購入方法は?


信長の野望・新生 with パワーアップキットは3種類の販売が予定されています。
※価格表記はPlayStation4版です。

【通常版】
パッケージ版・ダウンロード版 11,880円(税込)

【TREASURE BOX】
パッケージ版 18,700円(税込)
特典
・信長の野望・新生 with パワーアップキット ゲームソフト通常版
・武将アートブック
・信長の野望40周年メモリアルブック
・コンプリートサウンドトラックCD(3枚組)
・シナリオ「鉄砲伝来」限定ダウンロードシリアル
・「信長の野望」40周年記念“武将顔CG&追加特性”(各6点)ダウンロードシリアル

【40周年記念豪華セット】
パッケージ版 116,380円(税込)
・信長の野望・新生 with パワーアップキット ゲームソフト通常版
・大般若長光 or 童子切安綱 or 日光助真 or 三英傑愛刀3本セット

【40周年記念TREASURE BOX豪華セット】
パッケージ版  128,700円(税込)

・信長の野望・新生 with パワーアップキット ゲームソフト通常版
・武将アートブック
・信長の野望40周年メモリアルブック
・コンプリートサウンドトラックCD(3枚組)
・シナリオ「鉄砲伝来」限定ダウンロードシリアル
・「信長の野望」40周年記念“武将顔CG&追加特性”(各6点)ダウンロードシリアル
・大般若長光 or 童子切安綱 or 日光助真 or 三英傑愛刀3本セット

特典の種類は豊富にあり、ここでは紹介していない模擬刀1本セットなどもあるようなので、是非チェックしてくださいね。

予約はコーエーテクモゲームス公式ホームページか、各機種のホームページにて可能です。PCはSteamでダウンロードが可能となっています。

【購入リンク】
公式サイト
My Nintendo Store
PlayStation Store
Steam
Amazon

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています

『信長の野望・新生 with パワーアップキット』のPV


YouTubeのコーエーテクモChannelにてPVが、公開されています。さらなるパワーアップをしたことにより、40周年にふさわしいボリュームとなりました。

また、早期購入特典で新シナリオの手取川の戦いがプレイ可能となるようです。

※PV視聴はコチラ!

『信長の野望・新生 with パワーアップキット』の公式SNS


40周年作品とあり、さまざまなキャンペーンも発売前から行われています。

また、登場する武将についての紹介もされているため、初めて信長の野望をプレイする方で問題なくプレイできそうです。

パワーアップして帰ってきた今こそ、信長の野望・新生をまだプレイをしたことがない方にとっては始めるよい機会ではないでしょうか。

・信長の野望シリーズ公式Twitter (@nobunaga_kt)

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved. (C)Nintendo

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次