【ポケモンSV】実は超強力!ダブルバトルで輝くポケモンたち

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(ポケモンSV)』にはシングルバトルの他に、ダブルバトルと呼ばれる2vs2のポケモンで戦うモードがあります。ここでは、シングルバトルではあまり起用されないもののダブルバトルでは大活躍するポケモンたちをご紹介していきます!


目次

目次

ダブルバトルで輝くポケモン1:テツノカイナ


でんき・かくとうタイプのパラドックスポケモンであるテツノカイナ

『はらだいこ』や『つるぎのまい』という自己強化系の技を覚える上に、尚且つこうげき140、ぼうぎょ108という高い耐久と種族値を持つので、エースポケモンとしての適正がとても高いポケモンになっています。

いわゆる積みエース(変化技や道具などで能力を上昇させた1匹のポケモンで複数匹の相手ポケモンを倒し勝利を目指す戦術に用いられるポケモンのこと)として、能力を上昇させた高い攻撃性能を持つポケモンとして活躍する他、

『ボルトチェンジ』などの交代技も覚えることからサイクル要因としても使われたり、必ず先制攻撃ができて相手をひるませることができる『ねこだまし』で相手の行動を邪魔したりと、多種多様な立ち回りが可能なポケモンです。

更に50と低いすばやさのステータスを活かして、トリックルームパーティのエースとしても使われることが多いようですね。

同じくパラドックスポケモンであるハバタクカミやテツノツツミと言った特殊アタッカーと一緒に、物理・特殊の両エースとして用いられています。

ダブルバトルで輝くポケモン2:イダイナキバ


かくとう・じめんタイプのパラドックスポケモンイダイナキバもまた、ダブルバトルで活躍する一匹です。

テツノカイナと同じく、HPやこうげき、ぼうぎょが高く物理方面に寄せられた種族値を持っています。

ですが、すばやさの種族値はテツノカイナよりも早く、87という数値になっていて、この数値はサーフゴーやカイリューなどに先手を取れるもの。

習得する技も高火力技の『インファイト』や『ぶちかまし』、そしてダブルバトルで活躍する優秀な全体技の『じしん』をタイプ一致で打てるという強みも持ち合わせています!

また、じめん技がきかないひこうタイプのポケモンにはこおりタイプの技である『アイススピナー』を覚えることで幅広い対処が可能。

ハバタクカミなどと組ませることにより、強力な物理アタッカーとして活躍することでしょう!

ダブルバトルで輝くポケモン3:モロバレル


次に紹介するモロバレルはくさ・どくタイプのポケモンで、合計種族値は464と少し控えめな数値となっています。

モロバレルの特性はさいせいりょく:手持ちに引っ込むとHPが少し回復するという効果になっていて、低い種族値以上のしぶとさでサイクルを回すポケモンです。

強力技の『キノコのほうし』を覚えたり、ダブルバトルでの優秀なサポート技である『かふんだんご』を使うことができます。

味方を回復することができるサポート技を使用し、尚且つ自身は特性の効果により控えの味方と交代してHPが回復するので、パーティ全体の体力を管理しやすいサイクルパのポケモンとして活躍。

モロバレルはテツノカイナとよく使われており、テツノカイナ自身の高耐久力やタイプ相性の補完もできることから良き相方ポジションになっているようです。

ダブルバトルで輝くポケモン4:ウインディ


初代から登場しているほのおタイプのポケモンウインディ、合計種族値は555と高め。

特性:いかくがバトルにおいて強力で、ダブルバトルでは、この“いかく”が相手ポケモン2匹に対して発動するため恩恵が強まります。

またすばやさ95の早いステータスを活かして『おにび』を打つことができるため、相手の物理アタッカーに対して更なる追い打ちをかけることも!

そして物理アタッカーだけでなく、特殊アタッカーに対しては相手の特攻を下げることができる『バークアウト』も撃つことができ、様々なポケモンの攻撃性能を下げることが可能。

相性補完の良いモロバレルと組んだり、相手ポケモンの態勢を崩した後にテツノカイナなどのエースと交代することで、よりパーティに貢献することができるでしょう!

ダブルバトルで輝くポケモン5:ファイアロー


続いて紹介するのはほのお・ひこうタイプのポケモンであるファイアローです。合計種族値は499。

シングルバトルではあまり評価されていない特性だったはやてのつばさ(HPが満タンだとひこうタイプの技を先制で打つことができる)を活かして、先制で『おいかぜ』を打ち味方のサポートをするという動きが可能になっています!

耐久値の低さからシングルバトルではなかなか起用されなかったファイアローですが、ダブルバトルでは『おいかぜ』を打ったターンに味方ポケモンが早く行動するため、シングルよりも効果の恩恵が高く味方エースポケモンの攻撃によってそのまま相手を落とすことも。

ダブルバトルではフィールド技などの恩恵はシングルバトルよりも高くなるので、ファイアローなどのシングルで採用率が低いポケモンも活躍する場が生まれますね!

イダイナキバと組み合わせることで、メイン技である『じしん』をひこうタイプのファイアローは無効になり、相手だけに『じしん』を当てることもでき、イダイナキバの少し低い素早さステータスを『おいかぜ』でサポートするという動きができれば、とても理想的です!

関連サイト


『ポケモンSV』公式サイト
ポケモンずかん
・ポケモン公式Twitter(@Pokemon_cojp)
・【公式】ポケモン情報局(@poke_times)

(C)2022 Pokémon. (C)1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. (C)2023 Pokémon. (C)1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次