ソーセージから肉汁とチーズが小籠包級にドバッ!? 「馬蹄型 生ソーセージ」をお取り寄せ♪

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」に、鳥取県米子市の「大山ハム」が手掛ける『馬蹄型 生ソーセージ』が登場! 大山の麓に昨年オープンした直売店「テラス ザ ダイセン」の看板メニューとして新たに開発された商品です。直売店限定メニューを一足先に試してみませんか?

目次

1本130g! ハンバーグ1個分より重いソーセージ


今回試してみたのは、『馬蹄型 生ソーセージ(チーズ)』のセット。国産豚肩肉を粗挽きにミンチし、直径約27mmの羊腸に充填。職人さんの手作業で本場ドイツの馬蹄型ソーセージを再現しています。

1本で1~2人前というだけあって、圧巻のボリューム! 1本130gというのは、家庭で作るハンバーグ1個分かそれ以上の重さになるとか。メインデッシュになるソーセージですね。

冷凍のまま蒸し焼きにするだけ♪

調理はとっても簡単。熱したフライパンに少量の油をひき、凍った状態の生ソーセージを入れ、中火で表面に焼き色をつけます。


大さじ2~3の水を入れ、フタをして弱火で8分蒸し焼きに。


フタを取り、水分を蒸発させます。竹串で中心を刺し、透明の肉汁が出たら出来上がり♪


肉汁とチーズが口の中で大洪水!!! 

蒸し焼きにしたので、今にも肉汁が飛び出してきそうなほどパンパンに膨らんでいます。ところどころチーズがとろけているのもわかりますね。


早速パリッと一口。まず肉汁でジューシー! そして、とろけるチーズでさらにジューシー! 噛んだ瞬間、口の中が旨味のエキスで洪水状態に! ゴロゴロとした粗挽き肉を噛みしめると、脂の甘みがジュワっと広がり、隙間からチーズ(チェダーチーズとゴーダチーズを組み合わせて作られたプロセスチーズ)が溢れ出てきます。たっぷり入っているので、まるでソーセージのチーズフォンデュを食べているかのよう。脂の甘みにチーズの塩気が合う~♪


溢れる肉汁が勿体ないので、ソーセージをカットして使う場合は要注意! 筆者宅では野菜スープに入れて、旨味を一滴も無駄にせずいただきました(笑)


真ん中に卵を落として、一緒に蒸し焼きにするのもアリ♪自宅ならではのアレンジを楽しんでみてください。


馬蹄型 生ソーセージは無塩せき。オリジナル配合の7種の香辛料で、その旨みをさらに引き立てています。バーベキューで盛り上がるこれらの季節、アウトドア好きへのギフトとしても喜ばれそうですね。プロジェクト終了日は2023年7月30日です♪

製品名:馬蹄型 生ソーセージ
プロジェクトページ:大山ハム直売店限定!あふれ出すチーズとジューシーな脂の甘み。馬蹄型 生ソーセージ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次