激変するiPhone15、次は「電池と充電」がスゴい

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

iPhone 15」のバッテリーについて、いくつかのリーク情報が登場しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:MacRumors ,@RGcloudS ,ITHome

「iPhone 15」は新技術スタックド・バッテリー・セルを採用


Twitterのりーカー@RGcloudSによると、「iPhone 15」のラインナップにはスタックド・バッテリー・セル技術が採用されるとのこと。この情報は、サムスンのGalaxy S24+とS24 Ultraモデルに関するリーク情報の一部としてもたらされたもので、これらも同じ技術を採用するとされています。

スタックド・バッテリー・セルは、電気自動車などにすでに採用されている技術で、高出力と急速充電を可能にします。

スタックド・バッテリー・セルは、ラミネーションと呼ばれる製造技術を使っており、素子とセパレーターを丸めるのではなく、ジグザグに折り重ねていく。パッケージ化されたセル内の無駄なスペースが少ないため、より多くの活物質を含めることができ、結果として全体的な容量が大きくなる。このため、積層電池は巻電池に比べて高いエネルギー密度を達成することができる。また、熱が一箇所に集中するのではなく、セル全体に均一に分散されるため、バッテリーの寿命が延びる。


— 出典:MacRumors

さらに@RGcloudSは、Appleが40Wの有線充電と20WのMagSafe充電を模索していることを発見したそうですが、これは「iPhone 16」向けの可能性もあるようです。現行の「iPhone 14 Pro Max」は最大29Wので充電できますが、MagSafe充電は最大15Wです。


以前には中国メディア「ITHome」が「iPhone 15」シリーズのバッテリー容量の増加をリークしています。これによると「iPhone 15」は18%、「iPhone 15 Plus」と「iPhone 15 Pro」は14%、「iPhone 15 Pro Max」は12%大きなバッテリーが搭載されるとのこと。


これらのリークが事実であれば、「iPhone 15」はバッテリー周りがかなり強化されたモデルとなりそうです。充電速度に関してはAndroidに遅れをとっていたiPhoneですが、今年のモデルでは大幅に追い上げることができるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次