封印された〝地獄への裏口〟か? 全長48kmのサポテカ文明の地下神殿が見つかる

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

1674年、歴史家フランシスコ・デ・ブルゴアは「メキシコのミトラの古代遺跡の地下に広大な迷宮があり、サポテカ人はそれを冥界への入り口と見なしていた」と記録しています。この迷宮への入り口を研究者チームをついに発見し、伝説が真実であることを証明しました。

*Category:サイエンス Science *Source:arxproject ,sciencealert ,VICE ,Ars Technica

教会に隠されたサポテカ文明の「地下迷宮」


サポテカは、およそ2000年前にメキシコ南部で栄えていたとされる文明です。ミトラはサポテカ族にとって宗教的に重要な場所でしたが、カトリック信者を含むスペインの植民者が侵入したとき、遺跡は破壊され、住民は追い払われました。

デ・ブルゴアはこの地下神殿について、以下のように記録しています。

テオサポトランの大祭司と王の墓を含む、4つの部屋からなる巨大な地下神殿。最後の地下の部屋からは、石の扉が地下30哩まで続く深い洞窟へと続いていた。この洞窟は、通りのような他の通路と交差しており、その屋根は柱で支えられていた。


— 出典:arxproject

サポテカ族はこの神殿を「冥界への入り口」として信仰していました。しかし植民者はこれを「地獄の裏口」と恐れ、その上に教会を築いたのです。

ブルゴアによれば、地下の第一の部屋は礼拝堂として使われ、第二の部屋は大祭司が埋葬された場所、第三の部屋は王たちが豪華な財宝とともに埋葬された場所、そして第四の部屋は「暗くてぞっとするような部屋」に通じているとされる扉が奥にあった。石板が入り口を覆っていた。「この扉から、戦いで倒れた大領主や酋長の犠牲者の遺体を投げ入れた」とブルゴアは書いている。

ある「熱狂的な聖職者」たちは、迷子にならないように、明かりのついた松明を持ち、ロープを道しるべにして、地下の建造物を探検することにしたようだ。彼らは「腐敗」「悪臭」「毒爬虫類」などの恐怖に遭遇した。地上に戻ると、探検家たちは「地獄への裏口」と見なした場所に城壁を築いた。大司教は1553年にミトラの破壊を命じ、石塊や瓦礫はスペインのカトリック教会の建設に使われた。


— 出典:Ars Technica

研究チームは、遺跡の上にカトリック教会を建てることが、このような遺跡を「キリスト教化」する方法だったと考えています。

デ・ブルゴアは「宣教師たちはこの地下迷宮への入り口をすべて封鎖し、宮殿だけを地上に残した」と書いています。現在、この場所にはカトリック教会が建っており、メキシコの複数の研究機関と政府からなる研究チームは、この古代の地下迷宮への入り口の痕跡を探しました。

地下構造物を発見するために、研究者たちは、地中レーダー(電磁波の反射を測定)、電気比抵抗トモグラフィ(電流の経過を測定)、地震波トモグラフィ(地震波の経過を測定)の3つのスキャン方法を用いて、見えなかったものを明らかにしました。


これらの技術から得られたデータを組み合わせて、チームは地下の包括的な地図を作成。すると、教会の祭壇の下に、地図に載っている地下迷宮の入り口が隠されていたことが判明したのです。


研究者たちはさらに、この地域で最も重要な古代遺跡である「円柱の宮殿」として知られる建造物の証拠も発見しました。研究はまだまだ続いており、同チームは今後数年間この地域でのさらなるスキャンや調査を行うことを計画しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次