「ノーベル賞」の意外すぎる弊害

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

研究者にとって憧れの賞であるノーベル賞。しかし、ノーベル生理学・医学賞の受賞者は、受賞後、研究成果を減らす傾向があることが、新しい研究で明らかになりました。これは生産的であり続けたい研究者にとって、受賞はそれほど望ましいものではないことを示唆しています。

*Category:サイエンス Science *Source:sciencealert,NBER

ノーベル賞受賞後は生産性が低下するという分析結果


カリフォルニアのスタンフォード大学とカナダのウォータールー大学の研究者たちは、1950年から2009年までのノーベル賞受賞者のデータを分析し、発表された論文の数、論文の新規性(論文に含まれるアイデアがどれだけ新しいか)、他の論文での引用数という3つの指標を調べました。

研究者たちはこのデータを、ラスカー賞(もう一つの著名な医学賞)を受賞した同年齢の人々と照合しました。この比較は、個人の年齢が結果に影響するリスクを最小限にするために行われました。ノーベル賞はキャリアの後半に授与されることが多く、その場合、労働時間は短くなると考えられるからです。

ノーベル賞受賞前の受賞者の論文は、(将来の)ラスカー賞受賞者よりも量が多く、引用回数も多く、新規性がありました。しかし、受賞後はその傾向が逆転します。ノーベル賞受賞後の受賞者の生産性は急激に低下し、最終的には3つの指標すべてにおいてラスカー賞受賞者と同じかそれ以下のレベルにまで低下したのです。研究者たちは論文に以下のように記載しています。

受賞者は一休み?ノーベル生理学・医学賞受賞者の研究生産性

このような低下は、賞の転用効果、インセンティブの変化、あるいはノーベル賞を受賞した医学研究者の本質的に異なるキャリアの軌跡を反映しているのかもしれない


— 出典:NBER

ラスカー賞受賞者も、正式に認められた後に生産性は低下しましたが、ノーベル賞受賞者ほどではありませんでした。受賞後の10年間で、ラスカー賞受賞者はノーベル賞受賞者よりも平均して年に1つ多く研究を発表しています。

データ分析は因果関係を証明できるほど詳細ではありませんが、興味深いパターンを示しています。ノーベル賞受賞者たちが一休みしてのんびりしているという意味ではありませんが、受賞者の地位がどのように変化し、それが研究にどのような影響を与えるかについては、議論が必要かもしれません。


アルフレッド・ノーベルによって創設され、1901年に初めて授与されたノーベル賞は、間違いなく科学の知名度を高め、若い科学者にとっては目標となりました。ここで提起された疑問は、ノーベル賞が革新的で質の高い研究の減少を引き起こすかどうかということです。

これは非常に難しい問題です。利点と欠点を適切に定量化するのは難しいからです。この研究のチームが提唱しているアイデアのひとつは、ノーベル賞やその他の賞を通じて、科学者をキャリアの早い段階で評価することです。「今後の研究では、早期の研究賞受賞による生産性への影響をより明確に研究する必要がある」と研究者たちは述べています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次