東京ドーム10個分「マヤ文明の巨大遺跡」新発見、なぜ見つからなかったのか?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

衛星画像やその他の近代的なツールにより、地球の大部分はほぼ地図化されています。しかし現代においても、世界にはまだ発見されていない多くの秘密が隠されているのです。

*Category:サイエンス Science *Source:sciencealert,INAH

レーザー光線で古代都市を新たに発見


考古学者のチームによって、メキシコ南部のユカタン半島のジャングルから、長い間発見されていなかった古代マヤの都市が発見されました。この新しい都市は、「石柱」を意味するオコントゥーンと名付けられました。広大な遺跡には、同心円状に配置された広場、大きなピラミッド型の建物、石柱、その他の建造物が含まれていました。


もちろん、街の多くは時間の経過とともに失われています。考古学者によれば、石柱はもともと上の部屋への入り口だった可能性が高いとのこと。レクリエーションやおそらく宗教的な目的のためのボールコートもあります。

研究者による現地調査に先立ち、頭上からのLIDARスキャンが行われました。この技術は、レーザー光線の反射を利用して、樹木や草に隠れて見えない建物を検知するものです。

考古学者でチームリーダーであるスロベニア科学芸術アカデミーのイヴァン・シュプラジッチ氏は以下のように述べています。

カンペチェで古代マヤの都市を発見。オコムトゥン(石の柱)と名付ける

最も大きな驚きは、広大な湿地帯に囲まれた高台の半島に位置する遺跡であることが判明したことです。

その記念碑的な中心部は50ヘクタール以上の広さがあり、高さ15メートルを超えるピラミッド型の建造物など、様々な大きな建物がありました。


— 出典:INAH

50ヘクタールといえば、東京ドーム10個分を超える広さです。これほどの遺跡がなぜ発見されなかった理由は、熱帯林は巨大にあります。この地域のジャングルは約3,000平方kmほどもあるため、現在においてもそこに何が隠されているかについてはほとんど知られていないのです。


シュプレヒコール氏らは、この都市は、マヤ文明の古典期と呼ばれる西暦250年から1000年の間、地元の重要な拠点であったのではないかと考えています。遺跡から発見された陶器の壺の破片を分析すれば、この地域にいつ人が住んでいたのか、もっと詳しくわかるそうです。

何世紀もの間、マヤ族はメソアメリカ(現在の中央アメリカおよび北米大陸の最南部)を支配する文明でした。マヤは、建築、文化、暦法、数学などの進んだ技術でよく知られています。マヤ文明は9世紀に大きな崩壊に見舞われましたが、これは内戦、干ばつ、その他の環境要因が重なったことが原因と考えられています。しかし、最後のマヤ都市がスペインの侵略者に陥落したのは17世紀のことでした。

LIDARなどのシステムのおかげで、マヤが残した集落がどんどん発見されています。これらの集落の建物を建てるには、多くの専門知識と多くの手作業が必要だったでしょう。考古学者たちは、さらなる遺物を発掘するために、現地で作業を行っています。残された生活の断片は、これらの地域に人が住んでいた時期を確定するのに役立ちます。この地域に関する研究がさらに進み、まだ分析できるものが残っていれば、この場所について今後さらに多くの情報が得られるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次