【MLB】敵地での大合唱。大谷選手に一体何が?

MLBのロサンゼルスエンゼルスに所属する大谷翔平が2023年8月16日に行われたテキサスレンジャース戦において、大谷選手へ向けて大合唱が行われました。大谷選手の身に一体何が起きたのか。気になる試合の結果は? 
花巻東高校時代よりファンのライターが今回の試合で発生した状況について解説します。

メッシなどの有名選手を育成!「FIFPro公式 チャンピオンイレブン」を無料でDL!

目次

敵地での大合唱。その理由。

2023年8月16日に行われたテキサスレンジャース戦において、大谷選手が打席に立つたびに敵地のファンより「Come to texas」と大合唱が行われました。直訳だと「テキサスに来い」です。これはそのままの意味で、レンジャースでプレーして欲しいという事になります。

今年は契約やチームの状況から、大谷選手の移籍に関しての話題が多くあがりました。シーズン半ばでの移籍は回避されましたが生涯エンジェルスに在籍する訳ではなく、大谷翔平選手自身も勝利を望んでいる為将来的な移籍の可能性は高いと考えられています。

大谷選手の現在の契約。 移籍はありうる?

大谷選手の現在の契約は1年契約で3000万ドルの契約。日本円に換算すると約44億円の契約ですが、2022年の契約発表時にもチーム成績や他球団を含め、勝利への貢献度を考えるとこれでもまだ不足しているという声がありました。

2023年末にはその契約も終了し、かつ球団も大谷選手の保有期間が終了する事から移籍の可能性は十分。その際に今回大合唱が行われたテキサスレンジャースへの移籍も十分考えられます。移籍に関しては金銭面の条件やチームの条件等もあり、大谷選手がどの球団を選ぶのか今後も注目ですね。

試合結果について。足も速い。

試合結果は7-3でエンゼルスは敗北してしまいました。大谷選手の個人結果は4打数1安打。1安打の内容ですが、ファースト方向への内野安打。ファースト方向への内野安打は非常に難しく、相当足が速くなければ発生しません。

実際の打席を見ると通常アウトになるような当たりですが、ベースに入ろうと走る守備の選手と並走し僅差で先にベースを踏んでいます。これが10勝41本の選手の走塁なのですから、衝撃的ですよね。

次の試合は42号HR。

次の試合は2023年8月17日に行われた、テキサスレンジャースの3戦目。大谷選手は第1打席で42号ソロホームランを放ちます。更に2本の内野安打も放ち、合計3安打の猛打賞。

2対0で、エンゼルスは勝利を収めました。この勢いでポストシーズンへ望みをつなげたいですね!



メッシなどの有名選手を育成!「FIFPro公式 チャンピオンイレブン」を無料でDL!

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す