【吉野家】親子丼が限定復活っ! テイクアウトでランチに食べてみた♪ ゴロゴロ鶏肉が満足感あり!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

吉野家に「親子丼」が8月24日(木)より復活! 販売されるたびに人気の「親子丼」をさっそく食べてみました!

目次

吉野家「親子丼」限定復活


本日8月24日(木)11時より全国の吉野家にて『親子丼』の販売がスタート!

吉野家の親子丼は販売されるたび人気のメニューで、昨年は4月から2ヶ月半で販売数は400万食を超えたんだとか。今年も4月に販売予定だったものが鶏卵の供給低下で見送りに。供給状況が緩和されたことにより、今日8月24日から10月中旬の期間限定での販売となったのです。

10月中旬までの販売期間内でも店舗での商材がなくなり次第、順次終売予定ということなので、さっそくテイクアウトしてきました!

吉野家「親子丼」とは?

牛丼で有名な吉野家が「親子丼」の開発にかけた期間はなんと10年!

たっぷりの特製たれが染み込んだ玉ねぎ、鶏肉、そして一食につき2個の溶き玉子でふっくらと仕上げられています。今年は鶏肉に下味をつけることでおいしさを最大限に引き出し、ふっくらジューシーに進化しての復活。注文ごとに調理し熱々の状態で提供されるので、できたてを楽しめます。

展開サイズは並盛と大盛の2種類となり、『親子丼大盛』は『親子丼並盛』の鶏肉の量の2倍とのこと! ガッツリ食べたいたら大盛りがオススメです!


吉野家「親子丼」食べてみた

さっそく吉野家の店舗へ。11時過ぎに到着し、親子丼1つをテイクアウトしてきました♪

蓋をあけると、たれの甘〜い香りがふわっと立ち込めて食欲をそそります。


主役の鶏肉は、この通りゴロゴロしたサイズ感。ふっくらジューシーで中までしっかりと味が染み込んでいるので、ご飯がバクバクと進む味!


玉ねぎはしっかり味が染み込んでいるのに、シャキシャキの食感も残っている絶妙な火の入り方。甘いタレと玉ねぎの甘さが加わって、これだけでもご飯が進みます!


そして、驚いたのがたまごのプルプル加減!

約10分の距離を持って帰ってきたのに、たまごがプルプルなんです。この火加減は絶妙! 親子丼のたまごって、火が通り過ぎるとボソボソしてしまうんですけど、どの部分を食べてもしっとりしたたまごの食感を楽しめました。


さらに、「親子丼」は通常の状態で「つゆだく」仕様なので、ご飯までタレが染み染みなんです! 鶏肉とたまご、親子の味をまとめる特製タレの甘さが絶妙!

ご飯もしっかり並盛りの量が入っているので、これだけでお腹いっぱい、大満足の親子丼でした♪


今回注文したのは並盛りだったのですが、ゴロゴロした鶏肉がしっかり入っていてご飯が余るなんてことはなく、最後までしっかり親子丼を楽しめるバランスも◎。さらにおいしくなった吉野家の「親子丼」は、期間限定での販売なのでこの機会をお見逃しなく!

吉野家『親子丼』
価格:並盛498円(税込547円)・親子丼大盛668円(税込734円)
発売日:2023年8月24日11時〜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次