【ローソン】冷凍おにぎり食べてみた! 賞味期限は? どこで買える?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ローソンにて8月22日(火)から11月20日(月)までの3ヶ月間限定で「冷凍おにぎり」が実験販売中。さっそく食べてみました!

目次

【ローソン】冷凍おにぎり実験販売


一部のローソンにて、常温で販売しているおにぎり6品が8月22日(火)から「冷凍おにぎり」として実験販売されています。

販売店舗は、全国で最もおにぎりを温めるかを聞かれる福島県*と、一般的な東京都の合計21店舗となっていて、今回の結果をふまえ、その後の店舗拡大などを検討するとのこと。
(※)株式会社マクロミル調べ(調査期間:2020年1月10日~1月22日)

「冷凍おにぎり」の種類は?

今回の実験販売では6種類のおにぎりが販売されています。

・焼さけおにぎり 税込268円
・赤飯おこわおにぎり 税込149円
・五目おこわおにぎり 税込154円
・鶏五目おにぎり 税込138円
・胡麻さけおにぎり 税込138円
・わかめごはんおにぎり 税込138円

「冷凍おにぎり」の賞味期限は?

常温のおにぎりは1〜2日で賞味期限となるものが多い中、冷凍おにぎりは賞味期限が長いのも特徴のひとつ。

8月25日に都内店舗で購入した「焼さけおにぎり」と「わかめごはんおにぎり」の賞味期限は「2023年12月11日」とされていました。もちろん、購入日によって前後するとは思いますが、3ヶ月以上あるということに。いくつか冷凍庫にストックしておいて、忙しい日のランチなどで活躍してくれそうです。


「冷凍おにぎり」の温め方法は?

「冷凍おにぎり」の温め時間は、おにぎりの種類のよって時間がことなるのでパッケージの表記を確認しましょう。

500Wの場合だと「わかめごはんおにぎり」は1分50秒、「焼さけおにぎり」は2分10秒でした。


また、温める場合は袋の端を3cmほど、忘れずにあけましょう。


「わかめごはんおにぎり」食べてみた!

指定時間通りに温めると、おにぎりは熱々に!

パッケージに「やけどにご注意」と書かれている通り、かなり熱々になります。


そのまま手で持つのは熱いのでお皿にだしてみました。温められているので、わかめごはんの香りがふわっと立ち込めます。


食べると、当たり前ですがいつもの「わかめごはんおにぎり」の味! 温めることでふっくらとした食感になっていて、香りや味も引き立っている印象です。

ふんわりと握られているので、手で保とうとすると崩れてしまうのが少し難点。お箸を使って、わかめごはんとしておいしくいただきました。


「焼さけおにぎり」食べてみた!

続いて、「焼さけおにぎり」。

今回のラインナップの中で唯一、混ぜご飯系じゃないおにぎりです。


こちらも規定時間温めると、かなり熱々に。常温のおにぎりのように手で持って食べるなら、温めた後に少しおいて冷ますのがベストかなと思います。


中の焼さけはしっかり大きくて食べ応えあり。ほかほかなので、いつもよりリッチな印象になりますね。


これまで、コンビニおにぎりを温めて食べるという習慣がなかったので、熱々のコンビニおにぎりは新鮮。冷凍だからと言ってご飯がボソボソになったりすることはなく、むしろ冷凍から温めることでふっくらツヤツヤになるので、常温とはまた違ったおいしさが楽しめました。

「冷凍おにぎり」実験販売店舗は?

ローソンの「冷凍おにぎり」は、2023年8月22日(火)~2023年11月20日(月)の3ヶ月間の予定で以下の21店舗にて販売中。

【福島県】
いわき市 ローソンいわき上遠野店
いわき市 ローソンいわき小浜町店
いわき市 ローソンいわき四倉西店
郡山市 ローソン郡山西ノ内二丁目店
郡山市 ローソン郡山希望ヶ丘店
郡山市 ローソン郡山日出山店
福島市 ローソン福島吉倉店
福島市 ローソン福島宮代前田店
二本松市 ローソン二本松油井福岡店
安達郡大玉村 ローソン大玉村大山店

【東京都】
品川区 ローソンゲートシティ大崎アトリウム店
豊島区 ローソン北大塚一丁目店 「グリーンローソン」
大田区 ローソン久が原一丁目店
新宿区 ローソン四谷左門町店
新宿区 ローソン新宿靖国通店
江東区 ローソン南砂二丁目店
荒川区 ローソン東日暮里一丁目店
足立区 ローソン竹の塚二丁目店
日野市 ローソン百草園駅前店
町田市 ローソン町田根岸町店
町田市 ローソン町田忠生店

ちなみにですが、筆者は都内3店舗回ってやっと見つけました・・・。ポップはあるが商品が売り切れだったり、まだ販売されていなかったりと、店舗によって異なるようなので、ご注意を。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次