「新型Mac」Appleが〝2023年内〟に発表しそうなモデル5つ

Appleは毎年後半に、新型のMacシリーズを発表するのが恒例で、現在はしばらくアップデートされていないモデルも複数あります。これらのモデルの中で、2023年中に登場しそうな新モデルを、テックメディア「MacRumors」がまとめています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:MacRumors ,(2), Digitimes ,@mingchikuo

2023年内に発表されそうな5つのMac


Appleは今年6月、M2 Ultra搭載の「Mac Pro」と「Mac Studio」、15インチのM2搭載「MacBook Air」を発表しました。また1月には、14インチと16インチの「MacBook Pro」、M2搭載「Mac mini」を発表しています。


Appleはここ10年、毎年秋に新しいMacやiPadを発表するイベントを開催しています。昨年は開催されなかったものの、2013年、2014年、2016年、2018年、2020年、2021年は10月に開催されました。

一方、経済紙記者のマーク・ガーマン氏は「Appleが10月にイベントを開催するとは考えていない」と「MacRumors」に対して語っています。とはいえ、今年後半にもう新しいMacが発表されないというわけではないようです。

「MacRumors」は、2023年末までに「新しいM3チップを搭載したMac」を「少なくとも1台は見ることができる」と予測しています。この有力候補として挙げられているのが、13インチ「MacBook Air」、13インチ「MacBook Pro」、「iMac」の3モデルです。

13インチ「MacBook Air」と13インチ「MacBook Pro」は1年以上アップデートされておらず、「iMac」については2年以上もアップデートされていません。ガーマン氏によれば、これらのモデルはM3チップを初搭載する可能性が高いとのこと。ただし今年中に発表されるとしても、イベントは行われず、プレスリリースで発表される可能性が高いとも述べています。

一方、著名アナリストのミンチー・クオ氏は9月、Appleが今年M3チップを搭載したMacBookの新モデルをリリースする可能性は低いと主張していました。とはいえ、この主張が正しいとしても、新型の「iMac」が登場する可能性は残されています。

また、14インチと16インチの「MacBook Pro」の2モデルが発表される可能性もあるようです。台湾のテックメディア「DigiTimes」は10月、Appleが14インチと16インチの「MacBook Pro」の新モデルを「年内にリリースする準備を進めている」としていました。なおガーマン氏はこれらのモデルについて、M3 ProとM3 Maxチップを搭載し「遅くとも2024年半ばまでには発売される」と予測しています。


なお「MacRumors」は10月上旬に、Appleが「Macの最新モデルの一部を下取りに出す準備をしている」という情報を入手したとのこと。ただし、これが10月中に新型Macが発売される予兆なのかどうかはまだ不明です。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す