空条徐倫の評価・適正・わくわくの実をモンスト攻略班が徹底解説!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。
目次

空条徐倫 獣神化改に対するみんなの反応&評価(5点満点)

※実装前から反応と評価を募集

みんなの反応 点数
いいね 5点
砲撃型のハイプラズマは強すぎるw 5点
ハイプラズマがついてくれたのが最高! 5点
サンザルクは意外と友情でも削ることもできるクエストだから、完全ギミック対応のハイプラズマを所持はナイス
SSも相変わらずエグ強いし、良い強化貰ってる
5点
【アビリティ(コネクトスキル込み)】
「ダメージウォール」、「ワープ」、「魔法陣」、「減速壁」の4つのギミックに対応しており、「超アンチダメージウォール」により自身がダメージウォールにふれた際に、そのターンのみ自身の攻撃力が1.3倍になり、「超アンチ減速壁」により自身が減速壁にふれた際に、一度だけ加速することができる。また、「プロテクション」により自身が敵から受ける一定ダメージ以下の攻撃を1ダメージにできる。さらに、「バリア付与」により自身が3体目の味方にふれた際に、その味方に一定ダメージ無効化するバリアを展開させ、味方をサポートできる。
【ストライクショット】
「スピードとパワーがアップ&停止後に最初にふれた敵にストーン・フリーで攻撃&一定期間敵の弾を無効化する」というもので、自身の攻撃力と機動力を高めることができ、自身停止後に最初にふれた敵に対して超絶強力な一撃を叩き込んで特大ダメージを与えられる。また、追撃後に敵からの攻撃を無効化するバリアを一定期間展開し、自身の耐久力を高められる。
【友情コンボ】
「超強ヨーヨー弾」により壁で反射する強力な属性ヨーヨー弾で敵を攻撃して大ダメージを与えられる。また、「ハイプラズマ」によりふれた味方とその延長線上に属性プラズマを発生させて広範囲の敵を攻撃して大ダメージを与えられる。
5点
プロテクションはいいね 4点
耐久力高くなったから高難易度でも使えそう 4点
友情ブーストがなくなったので4点 4点
火力高くなって嬉しい
ワンパンしやすくなったかも
4点
DW減速壁から獣神化改でワープが追加されたから機動力は上がったな友情コンボはちょっと破格すぎ。ヤクモ以来のハイプラズマを砲撃型で初搭載威力に期待。SSは獣神化と変わらないが今後のクエスト次第による。 4点
まぁまぁな性能 3点
最初から超砲撃なのがいい 3点
バリア付与とプロテクションが良いと思います! 3点
微妙かな… 2点
使わなくなる 1点

みんなの平均点(5点満点):4.2点

空条徐倫 獣神化改の性能を動画でチェック

公式の使ってみた動画はこちら。

New!
サムネ

ジョジョコラボと超獣神祭
どっちを引くべきかお話しします
New!
サムネ

最終結論:ジョジョコラボで確保すべきキャラはコイツです!
New!
サムネ

【超究極】ディオ(ハイDIO)の適正キャラと攻略方法を解説!!
New!
みんなの反応&クリア編成まとめ
New!
マジで強すぎるw
超究極「ディオ」にて
またもやアイツに特大の接待が
New!
超究極のディオ思わぬ落とし穴
サムネ

ジョジョコラボ
キャラ評価やクエスト攻略情報はこちらをタップ!
狙い目はこの2体!
ジョジョガチャ当たりランキング!!
※確定へ昇格※
ジョジョガチャ確定演出が最高すぎた…
ジョジョコラボ人気ランキング
読者が決めた1位は…。
第1弾と第2弾
引くならオススメはこっち1択です!!
ちょっと待った!
絶対売ってはいけない星5キャラがいます
※要チェック※
徐倫やウェザーなどの第1弾キャラは獣神化改させない方が良い!?
※要チェック※
ジョジョコラボでやっておかないと
絶対後悔することとは…?
承太郎SCとネオ、最強はこちらです
承太郎で新ノマクエ闇2手ワンパン方法 徐倫とヤクモ、最強はこちらです
もしかして花京院って弱い?正直話すと…。 優先はどっち?
ストーンフリーとスタープラチナ
強いのはこっちです
ディオの“わくわくの実”はコレ1択
サムネ

DIO(ディオ)の適正キャラと攻略方法を解説!!
みんなの反応&クリア編成まとめ ディオ様涙目。
最強キャラたちが強すぎて超究極が
崩壊レベルで楽勝だった件
結局“あのキャラ”が最強!
超究極DIO(ディオ)のコツ!
サムネ

ジョジョコイン(ホル・ホース)の適正キャラと攻略方法を解説!
コイン交換おすすめ優先度 コインで注意すべきこと4選
攻略班の4手ワンパン周回編成
サムネ

ヴァニラアイス(バニラアイス)の適正キャラと攻略方法を解説!
みんなの反応&クリア編成まとめ クリアできない人必見!
クリアのコツ
1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次