Pixel Watchに追加された「ウェブブラウザ」が謎すぎる【Wear OS 4】

Googleの「Pixel Watch 2」に配信されているWear OS 4には、初めて純正のインターネットブラウザが内蔵されています。しかしながら、このブラウザアプリは通常のブラウザとは異なるもののようです。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Google

Wear OS 4で追加されたブラウザ機能


Wear OS 4には、新しいPixel端末に移行する機能の搭載や、いくつかの修正・改善が行われましたが、大きな新機能は追加されていません。一方、Pixel Watchの設定項目では、システムのデフォルトのインターネットブラウザが設定できるようになりました。

これまで、Wear OSにはブラウザーアプリが存在しませんでした。Playストアではサムスンのインターネットブラウザなどをインストールすることは出来ますが、Google Chromeなどは提供されていません。

一方、Wear OS 4では、「Wear OS」がデフォルトのシステムブラウザとして表示されます。しかし、このブラウザはアプリ一覧には表示されません。

アプリの説明には「インターネットにアクセスするためのアプリです。タップしたリンクは、このアプリで開きます。」と書かれています。しかし、Wear OSでは基本的にリンクが表示されることはなく、通知でURLが送られても白いテキストで表示されます。

今のところ、このアプリの用途は不明です。テックメディア「9to5Google」は、このブラウザは「ペアリングしたスマートフォンに、リンクをリダイレクトするために使われているのではないか」と推測していませんが、実際のところは不明です。

なお、「Pixel Watch 2」では、前述のサムスン製インターネットブラウザをインストールすれば、ブラウジングは可能です。デフォルトブラウザに設定することも可能でしたが、特に変わることはありませんでした。

このアプリでYouTubeを再生したところ、音声は端末のスピーカーからしっかり再生されました。ただし丸い画面ではあまり使い勝手は良くないため、あくまでオマケ機能程度にとらえておいた方がよいでしょう。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す