【100均】こういうのがほしかった!! ダイソーの「ちょこっとまな板」で日々の料理がグッと快適に♪

日用品から便利グッズ、食品まで幅広い商品が100円で購入できるダイソーにて、「ちょこっとまな板」という便利そうなキッチングッズを発見しました。

一見普通のまな板のように思えますが、よく見てみると「傾斜・水切り・フック穴」がついていることがわかります。傾斜によってカットした食材の転がりを防止し、水切りでザルの役割を兼ね、フック穴で保管スペースの節約にもなるという、かなり便利そうなまな板となっています。

使用感が気になったので、実際に買って使ってみて、詳しくレビューしていきます!

ダイソー「ちょこっとまな板」使ってみた


こちらがダイソーの「ちょこっとまな板」です。1個あたりの価格は税込み110円となっています。

ロングタイプ&ショートタイプの2サイズ、それぞれ黒と白の2色展開となっており、両方のサイズ&色を購入してみました。

普通のまな板にはない「傾斜・水切り・フック穴」の3点がついているところがポイントです。一体この3点がどれほど便利なのか、実際に使用感を試してみます!

傾斜・水切り・フック穴、便利すぎる!!

実際に、切る時にコロコロと転がってしまいやすい野菜代表・きゅうりを「ちょこっとまな板」で切ってみました。

傾斜によって、コロコロと転がるきゅうりが広がったりまな板から落ちたりすることを防げて便利だ…!! これはありそうでなかった工夫ですね。


野菜を「ちょこっとまな板」の水切り部分に乗せて水をかけると、簡易的なザルとしても使えるのも嬉しいポイント。

豆腐など「わざわざザルを用意するほどではないけど、ザルがあると便利」といった食材の水切りにも活躍します!


また、フック穴がついているのも地味に便利。保管スペースをとらないうえ、乾きやすさもバッチリです♪

傾斜・水切り・フック穴、この3点が地味だけど便利すぎる。まさに痒い所に手が届くという言葉がふさわしいまな板でした!!


ロングタイプ&ショートタイプの2サイズ展開

「ちょこっとまな板」にはロングタイプ&ショートタイプの2サイズがありました。

ロングタイプはきゅうりなど比較的長い食材や大きい食材を切る際に重宝します。大きい包丁も難なく使えて万能。サイズに迷ったらとりあえずロングタイプを買っておけば間違いないと思います。


一方、ショートタイプはネギや生姜といった薬味などを細かく切る際に重宝します。ミニトマトなど、小さい食材を切るのにも便利。サイズが小さいので、狭いキッチンスペースで使用しやすいのも嬉しいポイントです。

ただ、包丁のサイズが大きすぎるとまな板からはみ出てしまうことがあるので、ペティナイフなど小さめの包丁を使うのが無難でしょう。

キッチンスペースや包丁のサイズで決めるのはもちろん、2種類買って使い分けるのもおすすめです◎


ダイソーの「ちょこっとまな板」は、コロコロと転がりやすい食材のこぼれ落ちを防ぎ、わざわざザルを用意するほどではない細かい水切りもでき、フック穴で吊るすことで保管スペースもとらないという、めちゃくちゃ便利なまな板でした! 気になった人はぜひ買ってみてください♪

お店:ダイソー
商品名:ちょこっとまな板
価格:各110円(税込)
公式サイト:ちょこっとまな板(ブラック) | 【公式】DAISO(ダイソー)ネットストア

筆者のインスタでも様々なグルメレビューを投稿中♪フォローよろしくお願いします!★

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す