「iPhone SE 4」の〝3大変化〟を予測!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

次世代「iPhone SE 4」の予測デザインを、テック系YouTubeチャンネル「AppleTrack」が公開しています。


*Category:テクノロジー Technology *Source:wccftech ,AppleTrack

「iPhone SE 4」の予測デザイン


「iPhone SE 4」は「iPhone 14」をベースとしたモデルになると予測されており、前モデルから3つの大きな変更が行われる予定です。「AppleTrack」が公開した予測デザインでは、いくつかのデザイン変更が確認できます。


全体的なデザインはこんな感じ。形状は「iPhone 14」と似ています。


1つ目の大きな変更として、「iPhone SE 4」ではTouch IDが廃止され、かわりにFace IDが追加されます。予測デザインでは、ノッチが追加されていることが確認できます。


カメラは「iPhone 14」と異なり、一眼の構成です。一方、カメラの解像度は4800万画素に大きく向上するとのこと。


ポートもLightningからUSB-Cに変更されています。


その他にも「iPhone SE 4」にはアクションボタンなどが登載されるとのこと。これは「iPhone 15 Pro」で始めて公開された機能です。

カラーバリエーションなどは不明ですが、「iPhone 14」と同様であれば複数のカラーの登場が期待できそうです。登場時期はまだ不明ですが、最近の噂では2025年に登場するのではないかと予測されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次