【平野紫耀】ルイ・ヴィトンの香港ショーで〝炭治郎ダミエ〟ルックを披露!!

[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ボーイズグループ「Number_i」のメンバー、平野紫耀さんが、香港で開催されたルイ・ヴィトンの2024プレフォール・コレクションのフロントロウに登場!

多数のファンが日本からショーの様子を見守り、フォトコールなどに登場する姿に拍手を送りました。

目次

平野紫耀、ルイ・ヴィトンの2024プレフォール・コレクションに登場

ボーイズグループNumber_iの平野紫耀さんが、香港開催のルイ・ヴィトン2024プレフォールコレクションに登場!

平野さんはルイ・ヴィトンの 2024年春夏コレクションからダミエ柄のセットアップをチョイス。まるで「鬼滅の刃」主人公の竈門 炭治郎が着用する格子柄のようなデザインです。平野さんは、会場で行われたフォトコールの様子を含め、数枚の写真をInstagramに掲載し、「素敵な時間でした」と感動を伝えました。

平野さんが着用しているダミエ柄は、クリエイティブ・ディレクターに就任したファレル・ウィリアムスが新解釈したもの。クラシカルなダミエ柄が、華やかに見えますね。

会場には香港をはじめ中国内、世界中からセレブが詰めかけ、プレフォールコレクションを楽しみました。


各国のメディアが平野紫耀さんの姿を伝えています

会場には各国のメディア陣も駆けつけ、訪れたセレブたちのフォトコールが開催されました。

ELLE Hong Kongは平野さんのフォトコールをはじめ、日本語インタビューも掲載しています。


インタビューでは、「ハロー! ELLE Hong Kong! My name is Sho Hirano! 今日のファッションは、ダミエ柄のスーツなんですけれども、このクラシックなデザインの中に、色で遊んでいるところがすごく好きですし、このアクセサリー(ネックレスやブレスレットのこと)ですごく遊んでいるので、個人的には僕のフェイバリットな洋服になっています」と笑顔で挨拶。華やかな雰囲気だからでしょうか、少し興奮気味に挨拶しているのが素敵ですね。
 


ゲストやメディアに囲まれている平野さん。スタッフらしき人物の声掛けから察するに、ショーが始まるギリギリまで撮影などに応えていた様です。

カメラを見つけると指でハートを作り、手を振ってみせる平野さんからは、余裕のようなものも感じますね。本当にこの場をしっかりと楽しんだのでしょう。カメラマンの「センキュー」という言葉にも笑顔で頷き、柔らかく接しています。


こちらは平野さんのフォトコール。フォトコールとは、報道機関がゲストを撮影するために設けられた時間を言います。平野さんはフォトコールに応えたあと、手を合わせてサッとお辞儀をして去りました。

本当に礼儀正しいです。どんな時でも礼儀を欠かさない、それが平野紫耀のスタイルなのでしょう。


香港のアーティスト・張敬軒さんとも2ショット

香港で活躍するアーティストの張敬軒さんが、平野紫耀さんとの2ショットを掲載しています。メディアの対応で忙しかったでしょうが、こうして現地の方と撮影もできたことは、きっと素敵な思い出になるでしょう。


こちらはHarper’s BAZAAR(香港)がフォトコールで撮影したショットです。

フォトコールには大勢のメディア陣が駆けつけ、平野紫耀さんの写真も数多く上がっています。ぜひSNSで検索してみて。ゲストが撮影したショットも多く、平野さんのパワーが窺えますね。


日本メディアも現地で平野さんを撮影!

今回のルイ・ヴィトン2024プレフォール・コレクションには、日本メディアの取材陣も入っていました。

こちらはWWD JAPANのインタビュー。



こちらはGQ JAPAN。

笑顔で撮影に応える平野さんの姿を捉えています。手前には、ゲストのために用意された椅子も見えますね。とにかくゴージャス! さすがルイ・ヴィトンと言ったところでしょう。

GQ JAPANといえば、神宮寺勇太さんの特集を組んだことでも知られる雑誌。いつか平野紫耀さんの特集、Number_iでの特集もあれば嬉しいですね。



ルイ・ヴィトン初のメンズ・プレフォール・コレクション

プレフォール・コレクションとは、「秋の前に発表されるコレクション」のこと。発表の仕方はそれぞれで、動画や写真で公開されることもあります。今回のルイ・ヴィトンが行ったのは、メンズ初のプレフォール・コレクション。

ショーが開催されたのは、香港特別行政区の「アベニュー・オブ・スターズ」という海沿いのエリアです。空にはルイ・ヴィトンのモノグラムがドローンで描かれ、ランウェイは砂浜と海をイメージするなど、豪華絢爛なショートなりました。

「ハワイから香港へ、香港はLVers(恋人)たちのもの」というコンセプトが掲げられ、海に相応しいマリンルックのコレクションが登場。セーラーハットを取り入れた帽子が目を惹く爽やかなコレクションです。

平野紫耀さんも見たショーは、Youtubeでアーカイブを見る事が可能。壮大な世界が感じられるコレクションは必見!


ショー翌日、平野さんは帰国の途へ

ショー翌日、平野紫耀さんは香港の空港から日本へ出国。空港には現地のファンが大勢詰めかけ、日本へ帰国する平野さんを見送りました。平野さんも、一生懸命に日本語で愛を伝えるファンたちに明るくファンサービス。

いつかまた香港で、ファンと平野さんたちが会える機会がありますように。海外でのお仕事が増えそうな平野さんなので、きうっとその日も近いでしょう。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す