「Galaxy S24」のAI機能やスペック・デザインの最新リーク

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

2024年に発表される見込みの「Galaxy S24」シリーズについて、3機種のデザイン・スペック・カラーに関する詳細を、テックメディア「Windows Report」がリークしています。


» Exclusive Images: Galaxy S24 Lineup gets AI, Flat Screen, New Colors & Titanium Build

*Category:テクノロジー Technology

「Galaxy S24」シリーズの詳細リーク


「Galaxy S24」と「Galaxy S24+」については、前モデルから変化はあまりありません。リークによると、カラーオプションはアンバーイエロー、コバルトバイオレット、マーブルグレー、オニキスブラックの4色です。


チップセットにはクアルコムの「Snapdragon 8 Gen3」が登載されますが、国によってはサムスンの独自チップ「Exynos 2400」が登載される見込みです。

その他、放熱性能に改良が加えられているとのこと。「Galaxy S24」は前モデルに比べて1.5倍、「Galaxy S24+」は1.6倍の大きさのベーパーチャンバー冷却システムを備えているとされています。

バッテリーに関しては、「Galaxy S24」は4,000mAhで25Wの充電に対応、「Galaxy S24+」はより大きな4,900mAhのバッテリーを搭載し、45Wの急速充電に対応するとのとのこと。

一方、複数の大きな変更がリークされているのが最上位モデルの「Galaxy S24 Ultra」です。リークされた画像では、全体的な形状がフラットになっていることが確認できます。また、Galaxyシリーズの特徴だったエッジディスプレイが廃止され、画面もフラットになるとのこと。


筐体はチタニウム製で、カラーはチタニウム・ブラック、チタニウム・グレー、チタニウム・バイオレット、チタニウム・イエローの4色になる見込みです。


チップセットには「Snapdragon 8 Gen 3」を搭載し、メモリ(RAM)は12GB、ストレージは256GB、512GB、1TBが用意されるとのこと。また、こちらも放熱性能が強化されており、ベーパーチャンバーは前モデルに比べ1.9倍になるとされています。

バッテリーに関しては、「Galaxy S24 Ultra」は前モデルと同じく5,000mAhのバッテリー容量を登載し、45Wの急速充電に対応する見込みです。

その他、「Galaxy S24」シリーズには、様々なAI機能が登載される見込みです。言及されている機能のひとつは、メッセージングアプリをリアルタイムで翻訳する機能。リークによれば、発売時には12カ国語に対応する可能性があるとのこと。

テックメディア「Android Authority」はこのAI機能について、Googleの「消しゴムマジック」のような、写真の編集を手助けする生成AI機能が登載されるかもしれないと指摘しています。


» Welp, nearly everything about the Galaxy S24 series just leaked

また、検索機能も強化される可能性があり、その1つの機能として、画像内のあらゆるものをハイライトし、その特定のアイテムに関する情報を検索できるようなる可能性があるとのことです。

サムスンは以前に「Galaxy AI」の2024年公開を発表しており、「日常のモバイル体験を一変させる」と宣言していました。「Galaxy S24」はカメラなどのハード面では大きな変更はリークされていませんが、AI機能の登載による進化には期待できそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次