おすすめ記事
  • 攻略
  • 評判
  • PS4
  • Switch
  • PC

【APEX】ディヴォーションの性能とアイアンサイト|リコイルパターンやスキンなど【エーペックスレジェンズ】


TuberPlusからのお知らせ

APEX Legends(エーペックスレジェンズ)における武器ディヴォーション(ディボーション)の性能やリコイルパターン、スキンをまとめました。

「ディヴォーション」を使うのにおすすめのレジェンドも紹介しているので、参考にどうぞ。

「ディヴォーション」の特徴と評価

総合評価 ※準備中
初心者おすすめ度 ※準備中

撃ち始めは反動が大きく、速度も遅いが次第に速度が上がり反動も小さくなる特殊な武器。 最高レート時のDPS(一秒間に敵に与えられるダメージ)は近距離武器最大。 ターボチャージャーを装着した状態では常に最高レートで撃ちだせるようになる。 ディヴォーションと対面した際は、顔を出す時間を最小限にするのが重要になる。

「ディヴォーション」の最新調整内容

なし
なし

「ディヴォーション」の性能

 武器の種類 使用できる弾薬(アモ)
ライトマシンガン(LMG) ライトマガジン

部位別の基本ダメージ

胴体
28 16 14

拡張マガジン別の装弾数

ノーマル 紫/金
36 40 44 48

「ディヴォーション」のリコイルパターン

ターボチャージャーを装着していない状態のリコイルパターン。最初の数弾は大きく上に跳ね上がり、一度左に傾いた後戻る。

マウスを下にずらしつつ、左に向かう感触があったら右に傾けよう。

「ディヴォーション」のアイアンサイトの形

規格品

ブレットファーマー

バウンドインボーン(シーズン9バトルパス限定スキン)

ドラゴンの脊椎(シーズン9バトルパス限定スキン)

装備可能なアタッチメント・ホップアップ

装着できるスコープ
拡張マガジン
バレルスタピライザー
ストック
ホップアップ
ターボチャージャー 対応武器のスピンアップ時間を短縮する。

「ディヴォーション」を使うのにおすすめのレジェンド

ディヴォーションは癖のある武器なので、基本的には使い慣れている場合やターボチャージャーを見つけた場合に近距離武器として使用するのがおすすめだ。 高レート故に弾薬の消費が激しいので、スナイパーライフルやショットガンと一緒に使うといい。

ジブラルタル

ジブラルタルはADS時にガンシールドで自分の胴体を守ることができるレジェンドだ。ディヴォーションは最高レートに到達するまでに時間がかかるので、その間はガンシールドで身体を守るといい。

ランパート

ランパートはライトマシンガンを使用した際の装弾数が増加し、リロードも素早くなる。ディヴォーションを使うのにはピッタリのレジェンドだ。

「ディヴォーション」のスキン一覧

レジェンダリースキン一覧

ブレットファーマー

ニトロカスタム

ラッキーラビット

ダイタルウェーブ

期間限定スキン一覧

バウンドインボーン(シーズン9バトルパス限定スキン)

ドラゴンの脊椎(シーズン9バトルパス限定スキン)

バーニングラバー(イベント「スリルシーカー」限定スキン)

ザ・フィニッシャー(シーズン6バトルパス限定スキン)

ライトポルーション(シーズン6バトルパス限定スキン)

旋風(シーズン8バトルパス限定スキン)

ラベンダー畑(シーズン9バトルパス限定スキン)

グラウンドファイア(シーズン11バトルパス限定スキン)

APEX Legends の基本情報

ハード PC
発売日 20190204
価格 基本無料
メーカー エレクトロニック・アーツ
プレイ人数 1人
公式サイト 公式サイトはこちら
×