Googleのマットカッツ直伝、無料で自サイトへの死にリンクを復活させる方法

Free links to your siteより
これは良い記事。自分のサイトに張られているリンクを死にリンクにしていませんか?SEOに関わることをしている人なら神とあがめるGoogleのMatt Cutts氏が良リンクの有効活用法を解説しています。


誰かがどこかのサイトのリンクを踏んであなたのサイトに来たとします。その際にそのページが存在しなければ404ページが表示されるはずです(たとえば404 Not Found)。ページは存在していないけれども、あなたのページへのリンクは活きている、これを利用しない手はありません。

Google Webmaster Centralを利用してその死にリンクを復活させましょう。
下記にあるようなwebクロールのページを確認してみてください、この画像にある”URLs not followed”やNot foundページリスト中の”Linked From”項目が目的のリンクになります。早速クリックして確認してみましょう。

クリックして拡大してみてください。赤丸部分に注目


すると↓のようなポップアップが表示されるはずです。内部リンクエラーもありますが、他にも他サイトからのリンクもたくさんありますよね。より一覧形式で見たいという人にはCSVでダウンロードもできます。

画像をクリックして拡大してみてください。


他のサイトがせっかく張ってくれているリンク先が404エラーだとしたら、見る側としては大変よくない経験をすることになるでしょう(もしかしてグーグルのアルゴリズムでも悪評価?)。早速死にアドレスにページを作ってみてはいかがでしょうか?

加えて、こちらのリンクには有用な404ページの作成ガイドを用意しています。この機に参考にしてみてください。Official Google Webmaster Central Blog: Make your 404 pages more useful

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ