Photo Hunter : 世界中のきれいな写真をつかって間違い探しをするiPhoneアプリ

以前App Storeでかなりの人気を博したPhoto Hunterというゲームを紹介します。

以前、ESPN Cameraman という写真をつかった間違い探しゲームを紹介しましたが、今回紹介するPhoto Hunter は世界中の良質の写真を使った間違い探しゲームです。icon近くにいる友達と一緒に遊ぶこともできますし、ゲームの種類から、幅広い層の人に遊んでもらえるそんなihoneアプリです。


デモ動画


起動後画面、にょきっとメニューが左から出てくる。上から、New Game(新しく始める)、Resume Game(続きから遊ぶ)、User Stats Profile(アカウント設定)、Options(設定)、Updates(新着写真などの更新)
さて、New Game から始めて写真のジャンルを選びましょう。私はLandmarks(名勝)から選びました。


説明画面、ほぼ同じに見える2枚の写真、5つの間違いがどこかにあるので時間内に探しだしてみましょう。画面下にある虫眼鏡マークを選ぶことでお助けしてくれます。


さて、始まりました。しょっぱなからお城とはやりますね。
上下どちらの写真でもいいので画像の怪しい部分をタップするとそちらに赤丸がつきます。


虫眼鏡マークをタップすると出ました!他の間違いが。私にはこういう種類のゲームの得意な友人がいます。その人は3D立体画像を見ることができるので「絵を重ねて見ると間違った場所がわかる」と言い、一気に間違いを見つけていくのです。私にはそれができません。地道に眺めるのみです。


Game Overとその後の画面、 もちろん、世界最強を目指してハイスコアを目指すことができます。こちらの画面からハイスコアを登録します。なんと国ごと、年齢別のベストスコアまで表示されていますね。


設定画面、ユーザー名、年齢、国、そして性別を記入。メールアドレスは入力しなくてもいいです。


その他の写真、こちらは食べ物ジャンルから


現在収録されている画像は120枚以上、写真はダウンロード方式でどんどん増えていくそうです。また、将来的には、Wi-Fiを使った通信対戦モード、さらなるテーマに合った写真の追加、多言語対応予定とのこと。

飲み屋などに行って隣のおねぇちゃんに「ちょっと一緒に間違い探ししてみようぜ!」と言って話を切り出すスーパーツール!までは行かなくとも友達と一緒に画面を見ながらわいわいと遊ぶことができなアプリですね。値段も最低価格の115円ですので、カジュアルに遊んでみてはいかがでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!