Paper Pilot : オフィスや部屋を飛び回るiPhone紙飛行機のパイロット気分でタイムを刻む。025

Paper Pilot はオフィスや部屋の中を飛ぶ紙飛行機を操作してタイムアタックするというその設定だけで素敵だと思わせる3Dフライトゲームです。

タイムアタックが主目的であるのがこのゲームの肝でしょう。それではレビューに行きます。


なにはともあれ、このリンク先にあるPaper Pilotのデモ動画をご覧になってもらうことをおすすめします。

もう一つ、TouchArcade氏による動画


起動後画面、Clever Coding社のかっこいいロゴ。


早速プレイエリアが表示されている。
「とっとと遊べや」と言わんばかりの勢いを感じれてうれしい。
それではLevel1から挑戦だ。


始まったぞ。iPhoneを右に傾けると右へ、左は左へと移動する紙飛行機を操作せよ。


前方に見えるクリップを回収しきるのがこのゲームの目的。左に書かれているClip Left:3とは「このステージにはクリップあと3つ残っているよ」という意味。回収せよ。
紙飛行機は常に前進している。上方に移動するにはiPhoneを自分の方向に傾け、下方向へ落とすには水平に傾けることで移動します。直進は、45度の傾きです。


扉をくぐって次の部屋だ。残り二つのクリップを前方に発見。


回収完了!77秒、個人ベストとは悪くないタイムだ。ありがとう!!!

「ランクを上げるにはタイムを早めろ」だと、小うるさいやつめ。


次のステージApartmentに向かうには2つのTest Pilot Rankingsに載る必要があるだと。


各ステージの称号を得るのに必要なタイム。Level1は最低14秒 だ と。。。。

スピードアップでもしなきゃ無理だろ。


ヘルプを読みにいくと、画面左のつまみを上げるとスピードアップすることが判明。なんだ、そういうことかよ。


ということでLevel2へ挑戦。


見よ、このクリップ獲得時の美しさを。


クリップはあと一つ。オフィスは俺が制した!


結果は63秒、全然だめ!!ということでLevel1で気合い入れ直ししてくる。


14秒83、あとちょっとで称号が手に入るぞ。

けっこうスムーズにやってもこの時間とは、このゲーム、かなり奥が深い。


13秒34だ!!!!Test Pilotの称号をもらうことができた!!!

Level2もこの調子でいけばApartmentがアンロックされるって算段だ。


最後に地面の上を移動する紙飛行機のサービスショット。


ご覧のとおりの良ゲームですね。

ゲーム自体も楽しいのですが、設定時間の難しさをメインに、何度もタイムアタックをさせるように設計されていて、そういうもんだと思わせるところに「なるほど」と思わせる部分がありました。

AppBank 全力プッシュ!