[iPad, iPhone] CalenGoo (sync with Google Calendar™): 一目で確認できる情報量が最大!1934

calengoo


CalenGooの3ポイント紹介

・画面を目一杯使ったデザイン
・iPad、iPhone共用のユニバーサルアプリ
・各種設定の数が鬼のように多い

デザイン性はある意味皆無。画面の隅々までスケジュールが表示されており、一目で確認できる情報量が最大なアプリがこのCalenGoo (sync with Google Calendar™)です。

一度アプリを買ってしまえばiPhone版としても使えるユニバーサルアプリです。

画面の使い方以外で特徴的なのが「設定項目の多さ」。多過ぎて全くついていけません。驚きの多さですよ。

というわけで、詳しくご説明していきます!


CalenGoo

起動すると、自動的に同期が始まります。同期中はアプリの動きが鈍くなりますが、それは全てのアプリで同じですね。

calengoo


こちらが「Day」表示。

calengoo


こちらが「Week」表示。

calengoo


こちらが「Month」表示。

calengoo


最後に「Agenda」表示です。この表示方法は「List」表示と呼ばれることも多いですね。

calengoo


さらにSearch機能。「Agenda」と似たような形でカレンダー内の予定を検索してくれます。

calengoo


左下の早送りボタン(?)をタッチで、日付を指定してそのページに飛ぶこともできます。

calengoo


右上に「+」ボタンから、新しいイベントを作成することが出来ます。タイトル、時間、場所、予定を追加するカレンダー、、、、

calengoo


リマインダー(SMS、メールなどでリマインド)、自動更新、詳細、参加者、プライバシー設定ができます。

calengoo


縦画面はこのような感じです。iPhone版の画面に雰囲気が似ていますね。

calengoo
calengoo


縦画面の方が「Agenda」の場合は情報量が多くていいですね。

calengoo
calengoo


最後に膨大な「設定」項目を見ていきましょう!!

設定できる項目としては「カレンダー」「表示方法(Display)」「同期」「リマインド設定」・・・

calengoo


そして「情報(Information)」「メンテナンス」です。これらの中から一部だけより細かく見ていきます。

calengoo


「カレンダー」内の「Visibility/Download」。ここで、同期するカレンダーの種類を選ぶことが出来ます。しかも、同期の仕方も選ぶことが出来ます(例:同期するが表示しない、など)

calengoo


そして、最も設定数が多いのが「表示方法(Display)」内の「Colors」。設定個数は優に50個ぐらいあるのではないかと思います。

calengoo


さらに、「All」をタップするともっと設定項目が増えます。凄過ぎ・・・。何が何だかわかりません。

calengoo


以上です!

最後の設定項目の多さには驚きましたね。私もまだ10%も使いこなせていません。ぜひ、このアプリを使い始めたら、徹底的に自分が使いやすいようにカスタマイズしてみてください!


CalenGoo
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!