[iPad, iPhone] iCircuit: 理系教育者・技術者必見!電気回路の設計とシミュレーションができる!2206

30種類以上の電子素子を扱える電子回路のCADアプリ、iCircuitをご紹介!

iCircuit


触ってるだけで楽し過ぎる!!!!!!

電子素子を配置し、導線を配置し、ボタンをON!すると、リアルタイムでシミュレーションができるという、回路好きには涙のアプリが登場しました。

教育や、簡単な設計に使えそうです。個人的には、遊び道具としても使えると思いましたよ!!

早速ご紹介!


iCircuit

動画で回路を作っているところを確認!

起動するとファイルやフォルダがみえますが「New Circuit」で回路を作成開始!

iCircuit


画面下部に、全30種類以上の素子が用意されています。素敵☆

iCircuit


こんな感じです。

iCircuit


さて、4つの素子を選択して、画面上に配置してみました。

iCircuit


次に、画面上部の鉛筆ボタンをタップして、導線をひいてみました。

iCircuit


ひとまず完成。

iCircuit


右上の「ON」をタップすると、電流が流れ始めます。直流で電気を流しているので、電流の方向は一定です。

iCircuit


さて、導線をタップすると、名前を付けたり、電流・電圧表示をONにすることが出来ます。

iCircuit


抵抗をタップすれば、抵抗の大きさを変更することも出来ます。右下に、様々なメーターも表示されていますね。

iCircuit


さて、電源の設定をみてみましょう。現在の設定は直流ですが・・・

iCircuit


交流、パルス派など、全6種類が用意されています。(画面下にPulseがあります)

iCircuit


「Square Wave」を選択してみました。設定項目多い!!

iCircuit


次に、左上にある設定から、背景や電圧の色付けなどができます。

iCircuit


背景を黒にして、電圧に色をつけてみました。アースされている導線部分と、されていない部分で色が全然違うのはわかりますか?

iCircuit


左上から、写真やPDFで作成した回路図を送ることも出来ます。

iCircuit


さて、ここからはあらかじめサンプルとして用意されている回路図の例をみていきます。

iCircuit


異なるHzの交流が3つつながった回路です。

iCircuit


おお。。。なんか複雑だ。

iCircuit


これも面白い。

iCircuit


縦でも使えます!!

iCircuit
iCircuit


iPhone版 – iCurcuit

iPhone版でも、iPad版と全く同じように使うことが出来ます。

iCircuit


もちろん縦もOKです!こちらの方が見やすいかと思います。

iCircuit
iCircuit


以上です!

昔流行したマイキットや電子ブロックを思い起こす方もいらっしゃるかも知れませんね。

最後に、用意されている素子をご紹介します!

・Signal generators, Voltage sources, and Current sources
・Resistors, Capacitors, and inductors
・Manual SPST/SPDT Switches, and SPST/SPDT relays
・Diodes, BJ Transistors, and MOSFETs
・Speakers, Buzzers, and LEDs
・ADCs, and DACs
・Logic gates: AND, OR, NAND, NOR, XOR
・JK and D Flip-flops


iCircuit
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ