[iPad] imgParkServer: iPadが写真を楽しむボードパネルに早変わり!2884

imgParkServer


この記事はこのアプリの開発者様からの寄稿です。

こんにちは。開発者のnakatakeです。
iPadで写真をさわって、落書きして、iPhoneと写真共有することができるアプリ「imgParkServer」をリリースしましたので、使い方をご紹介いたします。

起動すると木目調の背景が表示されます。
画面をタップすると上部にメニューが表示されます。
「Set Img from Lib」でiPadの写真アルバムから画面に表示する写真を選択します。


imgParkServer


画面に表示された写真は、移動、拡大・縮小、回転等の操作を行うことができます。マルチタッチで複数枚の写真を同時に操作できます。

imgParkServer


画面上の写真をダブルタップすると写真操作メニューが表示されます。
「Scribble Mode」を選択すると写真に落書きができます。
落書きモードでは、ペン色やペンサイズの変更、直前の操作を取り消せるUndoなどの描画機能を使用できます。

imgParkServer


落書きしてみました。

imgParkServer


さらにiPhoneに「imgParkClient – nakatake」(無料アプリ)をインストールしていれば、iPhoneとiPad間で写真のやり取りができます。
画面上部メニューの「Recv Img」でiPhoneから写真を受信できます。
Bluetoothを使って写真の転送を行いますので、インターネット接続は必要ありません。

imgParkServer


写真が追加されました。

imgParkServer


画面上部メニューの「Change BGImg」を使って背景を変えることもできます。
背景はiPadの写真アルバムから選択します。
庭園風背景にしてみました。

imgParkServer


以上、「imgParkServer」の操作方法をご紹介させていただきました。
落書き機能を使ってお子さんと一緒に遊んだり、パーティの最中にiPhoneで撮った写真をその場でiPadに転送して、皆で眺めたりと楽しみ方はいろいろです。
皆さんなりの使い方を考えて、是非ともご活用ください。

[from nakatake_app (nakatake_app) on Twitter]

※寄稿したい方はこちら:iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について


imgParkServer
  • 販売会社URL:http://fuuraifromiphone.blogspot.com/
  • 参考価格:115円
  • 写真(Photography)
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!