[iPad] SpeedText HD: 書き心地が滑らかすぎて、痺れます。有名手書きメモアプリのiPad版。2941

書き心地が、ホントにいい感じです。SpeedText HD

SpeedtextHD


画面上をなぞり、指を放すと、その軌跡が投稿される、iPhoneならではの、とても使いやすい手書きメモアプリSpeedText(iPhone版)のiPad版がリリースされました!

触ってみた感想は、とにかく「心地よい」。iPad上で指を動かすと、すらすらと文字が入力されていきます。

まず、iPhone版愛用者は必携。「急いでメモをしたいけど、iPadでのキーボードだとミスしちゃうんだよな・・・」という方にも迷わずオススメできます。

忘れてはいけないのは、Evernote連携ですね。これもこのアプリをより便利にすることに一役買ってます。

画像だけでは今一つ伝わらないと思いましたので、今回は動画を用意しました。まずは動画をご覧下さい!


SpeedText HD


[iPad] SpeedText HD


起動!画面下部の枠内で指を動かすと、その軌跡がメモ帳に描かれていきます。

SpeedtextHD


例えばこんなふうに「apps」と書いてみて、指を放して0.5秒ほど待つと・・・

SpeedtextHD


「apps」と書かれました!・・・iPhone版に負けず劣らず便利やなぁ。

SpeedtextHD


あらかじめ29個もアイコンが用意されています。また、改行したい時は「return」、消したい時は「BS」を使います。左上に「Undo(戻る)」も用意されてます。

SpeedtextHD


文字の太さは3段階用意されており、色は黒、緑、そして赤が用意されています。

SpeedtextHD


基本は「指を放した0.5秒後に投稿される」という仕組みですが、枠内右上にある画鋲っぽいボタンをタップすることで、「右下のreturnをタップで投稿」に変更できます。

SpeedtextHD


迷路みたいな複雑な文字も投稿することが出来ました。

SpeedtextHD


右下の「+」ボタンをタップすることで、どんどん新しいページを作成することができます。色んなメモを書いてみました。

SpeedtextHD


さて、お次は画面左側のノート管理画面をみてみましょう。今は、左下のタブは「List」を指しています。この状態ですと、全てのノート(4枚)が表示されています。

SpeedtextHD


次に、左から2番目の「IconTagA」を選択。するとノートが1枚しか表示されなくなりました。なぜでしょう?謎を明かす為に、画面上部の左から2番目のボタンをタップして下さい。

SpeedtextHD


アイコンが二つ並んでいますのはわかりますか(チェックと危険信号)。「IconTagA」では、この二つのアイコンのいずれかが含まれたノートしか表示されません。

SpeedtextHD


IconTagB、IconTagCも同様です。今のところ「☆」をメモに使っていない為、メモが一つも表示されていませんね。

SpeedtextHD


また、List選択時のみ「月」を変更することが出来ます。画面左上に「2010/10」とあり、その左右に、月を移動するボタンが配置されています。試しに10月にしてみたところ、何も表示されなくなりました。

SpeedtextHD


さて、ここからは設定を見ていきましょう。

重要な設定だけ解説します。まず「Ruled Line Type」。これは背景です。また「Input Wail」。これは、指を話し手から投稿されるまでの時間。好みに応じて変更しましょう。また「Input area size」。これは入力枠のサイズ。全て「High」にしておくのが無難かと。

SpeedtextHD


次に、EvernoteとMailの設定も見ていきましょう。まず「Tags for Evernote」を選択します。

SpeedtextHD


SpeedText HDはEvernote連携もできます。その際に、必ず付加するDefault Tagと、あるアイコンを利用した時にのみ付加されるIcon Tagsを設定することが出来ます。投稿されるタグはもちろん自分で設定可能。例えば、チェックのアイコンを使った時は「AppBank」というタグが投稿されるようにしてみました。

SpeedtextHD


こちらはEvernoteの設定。投稿時のファイルタイプ「File Format」は確認しておきましょう。

SpeedtextHD


そしてメールの設定。Default toで、デフォルトの送信先を設定できます。また、ここでも「File Format」は確認しておきましょう。

SpeedtextHD


Evernoteやメール、そして写真フォルダにメモを保存したい時は、右上のボタンをタップしましょう!(Evernoteに保存したい場合は、ログインしておいてください)

SpeedtextHD


元の画面に戻ってきました。それでは最後の機能をご紹介。左上の「Note」をタップしてみます。

SpeedtextHD


すると、今まで編集してきたノート全体を「Note」として管理するページに移動できます。ノートはエクスポートして、iTunes経由でパソコンに保存しておくこともできます。また、Noteのリネームもできます。

SpeedtextHD


もちろん、全く新しいノートを作成することも可能!

SpeedtextHD


全ての機能は縦でも扱えます!

SpeedtextHD
SpeedtextHD


以上です!

繰り返しとなりますが、手書きメモ愛好者には、かなりグッと来るアプリになっていると思いました。とにかく気持ちよく使えます。一度お試しアレ!


SpeedText HD
  • 販売会社URL:SpeedText HD
  • 参考価格:600円
  • 仕事効率化(Productivity)
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!