[iPad] くらしのこよみ for iPad: 都内にいると忘れがちな「季節感」を取り戻せる。風流。素敵。3424

kurashinokoyomi - 1


今までたくさんのアプリを見てきましたが、こんなにも「風流で素敵だな」と思った記憶はありません。言葉、写真、絵で、季節を感じさせてくれるアプリ「くらしのこよみ for iPad」をご紹介します。

伝えてくれるのは、二十四節気(処暑とか、立冬とか)/七十二候(地始凍、草露白など)の俳句や景色、食やお祭りなど。

素晴らしいのが、「今」見られるのは、「今の季節」についてだけ、という点。例えば、11月15日なら、立冬の次候(地始凍)という季節についてだけ、アプリでは閲覧が出来ます。そして、次の季節(立冬の末候・金盞香)が訪れた時に、アプリは自動的に更新されます。およそ5日ごと。

本当に素晴らしいアプリです。ご紹介します。


くらしのこよみ for iPad

立冬の初旬は、山茶始開(つばきはじめてひらく)という季節。趣のある絵ですね。

kurashinokoyomi - 1


立冬、そして山茶始開の説明が最初の頁には書かれています。

kurashinokoyomi - 1


季節にちなんだ俳句。もちろん、簡単な解説文もついています。

kurashinokoyomi - 1


酉の市!新宿に住んでいたころは、毎年、酉の市(花園神社)に行ってました。

kurashinokoyomi - 1


季節の果物、梨。

kurashinokoyomi - 1


ここで画面をタップして、右下にある「七十二候」をタップしてみましょう。

kurashinokoyomi - 1


季節の言葉を知ることが出来ます。例えば、立冬の前は霜降、立冬の次は小雪ですね。

kurashinokoyomi - 1


以上です!

ホントに素敵なアプリだと思います。1年間は使い続け、代わり行く季節を感じ続けられたらなあと思っています。


くらしのこよみ for iPad
  • 販売会社URL:LoveVoice
  • 参考価格:無料
  • ライフスタイル(Lifestyle)
  • 執筆時のバージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!