[iPhone, iPad] Remotomatic Camera Lite: 他のiPhoneでカメラのシャッターを切れる!無料。3769

RemotoLite
RemotoLite


iPhoneで写真を撮る時、「遠くからシャッターを切りたいなぁ」と思ったことはありませんか?Remotomatic Camera Liteは、そんな時に役立つアプリです。

もう1台のiPhone/ iPadで、カメラのシャッターを切ったり、ズームしたりできます。

早速使い勝手を見ていきましょう。


Remotomatic Camera Lite

RemotoLite

[iPad]

まず、iPadでアプリを起動します。

そして左にあるボタンをタップしましょう。


RemotoLite

[iPhone]

次に、iPhoneアプリを起動します。

3つボタンがありますね。ここでは右下のボタンをタップしましょう。


RemotoLite

[iPad]

iPadに戻ってくると、iPhoneがBluetoothで発見されているはずです。

ここで、iPhoneを選択しましょう。(この場合は「Toshizumi’s iPhone」をタップ)


RemotoLite

[iPhone]

すると、iPhone側で「iPadからコネクト申請が来てるよ」的なことが表示されます。

ここでは「Accept」をタップしましょう。これで接続が完了です!

早速写真を撮ってみましょう!


RemotoLite

[iPhone]

こちらがiPhoneの画面です。カメラモードに切り替わっています。

一方のiPadの画面は・・・


RemotoLite

[iPad]

こちらがiPadの画面です。それぞれ、

左上:拡大
左下:縮小
右上:接続解除
右下:撮影

の機能を使えます。もちろん全てiPhoneのカメラを使う機能です。iPadからパシャっといけるわけですね!


[iPhone]

こちらはiPhoneの画面ですが、iPadで拡大して、iPadでパシャっと撮影ができます。

RemotoLite
RemotoLite


[iPad]

iPhoneカメラの機能を説明していきましょう。

右上から:Bluetoothオフ、撮影、拡大、縮小、タイマー
左下から:接続解除、広告、アップグレード

RemotoLite RemotoLite

以上です!

iPhoneとiPadというペアも悪くはありませんが、やはりiPhone同士で使うのがよいでしょう。友達のiPhoneにも同じアプリを入れて、遠くからパシャっとやってもらいましょう!


Remotomatic Camera Lite
  • 販売会社URL: SolarSpark
  • 参考価格:無料
  • 写真(Photography)
  • 執筆時のバージョン:1.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ