[iPad] 2Screens - プレゼンテーションの専門家: 資料とWebページを切替可能なプレゼンツール。414

2Screens


PDFでプレゼンするなら、PDF Presenter、iPhoneで操作しながらプレゼンするならeProjectorですが、プレゼン用の資料とWebページをサクサク切り替えながらプレゼンできるのはこのアプリだけです。2Screens - プレゼンテーションの専門家の専門家!

プレゼン中に

「では、Webページを見てみましょう」→Webページに画面切り替え

ということってありますよね?そんなことを実現できるのが特徴。「筆」機能で、画面上に文字や線を書き込む事もできます。この機能は、まさにiPadならでは!

もちろん、Apple iPad Dock Connector – VGAアダプタは必要です。こいつでプレゼン画面とiPadをつなぎましょう。

唯一の欠点は、(本来は読み込めるはずの).keyを読み込もうとすると、アプリが落ちてしまう事。ファイルサイズが大きいと、落ちてしまう模様です。プレゼン資料は「PDF」で用意しましょう。

それでは早速アプリをご紹介していきます!


2Screens - プレゼンテーションの専門家

こんなふうに使えます – 2Screens

WebページをiPadから画面に表示できる!!!

2Screens


プレゼン資料だってOK!しかも、文字や線も書き込めます。

2Screens


みえますか?マウスポインタ的な矢印も出現させる事が出来ます。

2Screens


使い方 – 2Screens

まず、iPadに、iTunes経由で映写したい資料を転送します。(詳しくはこちらの記事をご覧下さい→iTunes経由で、iPhoneおよびiPadにPDFや画像、パワポなどのデータを簡単に転送する方法!

そしてアプリを起動しましょう。上下に色んな機能が用意されているのはわかりますか?一つずつ解説していきますのでご安心下さい。

2Screens


まず、左端のボタンをタップして、表示させたい資料を選びましょう。

2Screens


プレゼン用のPDFを開いてみました。(ここで、左下のボタンをタップすると、画面左にサムネイルが表示されます)

2Screens


iPadのカメラロールに保存されている写真をプレゼン資料として使う事も出来ます。

2Screens


URLを入力すれば、Webサイトだって行けます。

2Screens


左から3番目のボタンをタップすると、現在開いている他のファイルを確認する事が出来ます。例えばここでPDFを開けば、プレゼン資料に戻れるわけです。

2Screens


すぐに見せないWebサイトはBookmarksに登録しておきましょう。

2Screens


画面上にマウスポインタを表示させる事ができます。

2Screens


メモを表示させる事も可能です(このメモはアプリ内で自分で入力可能なメモです)

2Screens


アノテーション機能も着いています。透過モードにしていると、塗りつぶしても文字が読めます。

2Screens


透過モードオフ。

2Screens


左から3番目、「手」のボタンをタップすると、触っても画面が反応しない範囲を作成する事が出来ます。

2Screens


アノテーションを終了させたい時は、左端のボタンをタップした後、「Stop annotation」を選択しましょう。

2Screens


Webページに書き込むことも可能ですよ。

2Screens


また、Toolsの「Wi-Fi File Transfer」をタップすることで、WiFi経由でファイルを転送することも可能です。

2Screens


画面中央に現れるURLを、パソコン上のブラウザに入力しましょう。

2Screens


ブラウザにはこんな風に表示されます。

2Screens


以上です!

iPadでするプレゼンがどんどん簡単になってきましたね。なお、一つだけ注意を。2Screensには、リモートで2Screensを操作できる「2Screens Remote」というアプリがありますが、こちらは使わない方がよいと感じました。あまりにも連携が悪く、ほとんど使い物になりません。2Screens単体でいきましょう!


2Screens - プレゼンテーションの専門家
  • 販売会社URL:Presentation Expert
  • 参考価格:600円
  • ビジネス(Business)
  • 執筆時のバージョン: 1.8
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ