中国で iPhone を紛失し、「iPhoneを探す」アプリを使用した顛末記。

「もし、iPhoneを無くしたら?」なんて、普段考えないと想います。

私は先日北京での講演に出席し、帰りの道中で iPhone を無くしてしまいました。

私の探索能力は皆無ですが、「本当に無くしたのか?」「じっさいにはiPhoneはどこにあるのか」を確認しなければいけません。そこで使ったのが「iPhone を探す」アプリです。「iPhone の現在地」が分かるアプリです。

このアプリでできることは以下の4点です。

  • 登録した端末の位置を地図上に表示。
  • 遠隔操作で、スクリーン上にメッセージを表示し呼び出し音も再生する。
  • 遠隔操作で、パスコードロックを設定する。
  • 遠隔操作で端末内のデータを消去(初期状態にする)データはバックアップから復帰できる。

それではいきましょう。
iPhone, iPad を無くしたらどうすれば良いのか。1つの参考にしてください。


無くす前に、アプリのセットアップが必要です。

事前に「iPhone を探す」アプリを自分の端末にセットアップする必要があります。
アップルのサイトを参考に機能をオンにしておきましょう。(iOS4.2 以降の端末であれば mobile me アカウントではなく apple ID でもセットアップ可能です。)

アップル – 「iPhoneを探す」機能のセットアップ

これで、iPhone の現在地が分かるようになります。


iPhoneを失う。その日はやってくる。

「iPhoneを無くしたかもしれない。さがしても見つからない\(^o^)/ 」

北京の空港で気づき、鞄の中を漁っても見つかりません。
北京市内から空港までのタクシーの中ではないか。タクシー内では所持していた記憶がある。
タクシーの運転手には英語が全く通じなかった。
中国から鎌倉まで空輸ってどれくらい時間がかかるのかな。
何日までだったら、iPhone を持っていない状態を我慢できるだろう?

帰りの飛行機の中は不安が半分、iPhone が見つからなかった時の対処が半分で悩み続けていました。
成田空港に着き、iPad をモバイルルーターにWi-Fi接続し「iPad を探す」アプリを起動しました。



現在地特定!

見つかった。ここはどこだ????

iPhone さがす。


北京だな。間違いない。
私は iPhone を中国に置いてきたことが確定した。
このアプリでできることを見てみよう。

iPhone さがす。


参考: このサービスは自分のApple IDでログインさえできれば、他の人の iPhone を借りて位置を確認することができます。確認終了したら必ずログアウトすることを忘れないようにしてください、

「iPhoneを探す」アプリでできること

端末アイコンをタップすると、3つのアクションが。
そして、28秒前に居場所を特定されたとある。

iPhone さがす。


1.遠隔操作でのメッセージ表示、サウンドを再生

「見つけたらメールください。」英語でとりあえず書いて送る。サウンドも再生しよう。
中国語しか通じなかったドライバーさんに、このメッセージが読めるのだろうか。

iPhone さがす。


2.遠隔からパスコードロックをかける

悪用されると困るので、端末起動時のパスコードを再設定する。

iPhone さがす。


3.最終手段は初期化。データ消去だ。

リモートワイプ、これをやると iPhone のデータが全て消去され、端末の利用が不可になる。
これ以降は、メッセージの表示や位置情報の確認もできないので、最終手段としてお使いください。
iPhone さがす。


中国から取り戻すコストが大きいため、リモートワイプを実行することにしました。
見つかったらバックアップから復帰もできますからね。

iPhone さがす。


ワイプ完了。
eメールや、連絡先などプライバシー情報へのアクセス不可、さらに操作さえも不能になりました。

iPhone さがす。


完了時にはメールで通知がやってきます。
iPhone さがす。


オマケ: 無くした iPhone の位置を再確認。

ワイプされた iPhone の最終地点をもう少し見てみましょう。
こちらは航空写真。ここまで表示されるなら現場にいって確認しやすい。

iPhone さがす。


表示範囲を広げてみる。
そこは完全に、中国だ。
iPhone さがす。


北京市内中心部。

地図を見ていると分かることがある。

全ての道は北京に通じている。

iPhone さがす。


故宮博物館のそばだ。
タクシー、停車中なのかな。

iPhone さがす。


よし諦めよう!あきらめた!
待っていたって、私の iPhone はやってこない。
涙を拭いて、その次のアクションだ。

iPhone さがす。


iPhone を無くしたらどうするの?

リモートワイプした iPhone を無くした時のアクションをまとめます。
まず、お近くのソフトバンクショップまたは157に電話をして回線の休止を行って下さい。

警察に紛失届を出しましょう。

お近くの交番や警察署に紛失届を提出しましょう。無くした iPhone が警察に届けられるとソフトバンクに連絡がいき、製造番号から所有者に封筒などが届きます。

そこから指定された警察署の遺失物管理施設に行くと、端末が戻ってくることになります。


運良く、iPhone が見つかった場合。

iTunes または iCloud に接続してバックアップから復元できます。


iPhone が見つからない時。新しい iPhone を調達する。

1.機種変扱いの新規購入がおすすめ。番号・メールアドレスはそのまま使えます。

2. 私の場合はテスト用端末があったのでSIMの再発行(2000円程度が電話料金内に追加された)を行った。このSIMを新しい端末に挿し、バックアップから復帰しました。

自分の iPhone とは再発行できるSIMカードとバックアップデータのみで、実体が無いことを知った時にまどかマギカのソウルジェムを思い出し、なんて便利な時代になったんだと感心しました。

みなさまの iPhone が紛失した際の参考になれば幸いです。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Apple
掲載時の価格 無料
カテゴリ ユーティリティ
容量 5.3 MB
執筆時のバージョン 1.2.1
アプリのアイコン
iPhoneを探す

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ