[iPad, iPhone] ScanSnap Connect Application: スキャンしたデータを直接iPhone/iPadで受信。無料。

scansnapapp


つ、ついにこのときがやってきました…。

名刺スキャンや自炊に大活躍の ScanSnap で、まさかのiPhone/iPadへの直接データ転送ができるようになりました!

使うアプリはScanSnap Connect Application。これを使えば ScanSnap でスキャンしたデータが、パソコンを介すことなく直接 iPhone/iPad へと転送されます。

相性が良いといわれながらも、なかなかお付き合いに踏み切れなかった若人二人がついに結ばれた的な、そんな感慨にひたりました。

それでは ScanSnap の設定方法およびアプリの使い方を解説していきます。

おすすめ iPhone アプリ

PC側の設定 – ScanSnap Connect Application

まず、ScanSnap Manager のアップデートから。http://scansnap.fujitsu.com/jp/downloads/mac-mg32.html にアクセスして、最新版のドライバをインストールしましょう。

scansnapapp


すると、「モバイルに保存」というアプリが使えるようになっているはずです。これを起動します。

scansnapapp


すると、このような画面が表示されると思います。OKを選択して先に進みます。

scansnapapp


次に、パスワードを登録します。

scansnapapp


これでPC側の設定は終了。アプリを起動しましょう。

アプリの使い方(iPad版) – ScanSnap Connect Application

アプリを起動すると、パスワードを聞かれます。先ほど設定したパスワードを入力しましょう。

scansnapapp


無事接続されると、左上の「接続先名」に自分のパソコンの名前が表示されます。

scansnapapp


それでは、早速資料や名刺などを印刷してみましょう。アプリは開いたままにしてください。すると・・・

scansnapapp


アプリに次々とデータが。結構感動します。

scansnapapp


資料を開くと、さすが ScanSnap クオリティ。ばっちりスキャンされています。

scansnapapp


名刺もこんなふうに。

scansnapapp


両面きっちりスキャンしてくれました。

scansnapapp


資料の拡大もできます。

scansnapapp


ファイル名を変更したり。

scansnapapp


別のアプリでファイルを開くことも出来ます。このアプリはビューワーとしては平凡なので、他のアプリに転送して管理することをお勧めします。GoodReaderとかEvernoteあたりがオススメですね。

scansnapapp


ファイル一覧画面から「次の方法で開く…」をすることも可能です。

scansnapapp


ファイル名での検索も可能です。

scansnapapp


iPhoneでも使えます – ScanSnap Connect Application

iPhoneでも全く同じように使えます。

scansnapapp
scansnapapp


以上です。

これでまた、ScanSnapが格段に便利になりましたね。すごい!

おすすめ iPhone アプリ
開発 PFU LIMITED
掲載時の価格 無料
カテゴリ ユーティリティ
容量 5.4 MB
執筆時のバージョン 1.0.1
ScanSnap Connect Application(日本語版)
ScanSnap Connect Application(日本語版)
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!