【iPhoneの基本】操作に必要な用語を知ろう!

iPhone 4S がはじめての iPhone、スマートフォンははじめて、そんな方へ向けて iPhone の基本的なことを解説いたします!

第2回目は「操作に必要な用語を知ろう!」です。

タッチパネル上での操作には、それぞれ用語が存在します。どれも聞きなれないものなので、最初に全て覚えてしまうほうが良いでしょう。操作自体はとても簡単ですので、すぐに覚えることができると思います。

それではさっそく解説に入ります。

iPhone の操作に必要な用語

タップ

ボタンや項目へ向かって指をポンッとする動作です。


ダブルタップ

タップを連続でポンポンッと2回行う動作です。


ドラッグ

タップした指を画面から離さずに、そのまま画面上を移動する動作です。


スワイプ

タップした指をゆっくりと左右にはじく動作です。


フリック

タップした指を素早く上下左右にはじく動作です。


ピンチアウト、ピンチイン

ピンチアウトが指で画面をつまむようにし、そのまま広げる動作です。ピンチインが指で画面をつまむようにし、そのまま閉じる動作です。


シェイク

iPhone を2〜3回ふる動作です。


以上です。

今まで聞いたこともないような単語が多いですが、操作自体はとても簡単です。今回紹介した操作方法を使って iPhone を華麗に使いこなせるようになりましょう。

次回は「iPhoneの画面の見方」の解説となります。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ