WindowsでiPhone・iPadの写真を取り込む、一番簡単な方法。ケーブルなしで。

WindowsiCloud


WindowsでiPhoneの写真を取り込む、一番簡単な方法はずばりiCloudです!

Windows用の「iCloudコントロールパネル」をインストールすることで、以下のことができるようになります。

フォトストリーム
・ブックマーク同期(要 IE8以降 or Safari 5.1.1)
・メール同期(要 Microsoft Outlook 2007 or 2010)
・アドレスデータ同期(要 Microsoft Outlook 2007 or 2010)
・カレンダーとタスク同期(要 Microsoft Outlook 2007 or 2010)

ここで注目したいのは、もちろんフォトストリームです。これを使うことで、今まで以上にカンタンにPCにiPhone(iPad)の写真を取り込むことができます。

*Microsoft Windows Windows Vista SP2 か Windows 7 のみ対応しています。XPには対応しておりません!

iCloudのアカウントをゲット

まずはiCloudのアカウントをゲットしましょう。iPhoneおよびiPadがあれば作成できます。

【iPhone版】iOS 5 初回セットアップ方法の解説。
iPhoneでの初回セットアップ方法の解説です。

【iPad版】iOS 5 初回セットアップ方法の解説。
iPadでの初回セットアップ方法の解説です。


iCloud コントロールパネルをダウンロード

コントロールパネルはこちらからダウンロードします。
http://support.apple.com/kb/DL1455?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

WindowsiCloud


ダウンロードが終わったら、いつもの手順でインストールします。【実行(R)】

WindowsiCloud


インストールが終わったら【完了(F)】。

WindowsiCloud


そして、先ほど作成したiCloudのアカウントを入力して【サインイン(S)】します。

WindowsiCloud


iCloudをWindowsで使う!

Windows用iCloudコントロールパネルを起動しましょう。こんな画面が表示されるはずです。

WindowsiCloud


ここで、【フォトストリーム】の左側にあるボックスにチェックを入れましょう。

WindowsiCloud


これで、あなたのiPhone(iPad)とPCは「フォトストリーム」経由で、写真が同期されるようになります。

同期されるということは、「iPhoneの写真をすぐにPCに取りこめる」だけでなく、「PCの写真をすぐにiPhoneに取りこめる」ようにもなります。これはすごい!!!

写真が同期されているフォルダは、先ほどの画面の【オプション】をクリックで確認できます。

WindowsiCloud


「My Photo Stream」を開けば、フォトストリーム上の写真があります。「Uploads」に写真をいれれば、フォトストリーム経由でiPhoneに写真を転送することが出来ます。

WindowsiCloud


便利!何コレ!いい!!

iCloudで、PCとiPhoneの写真同期がカンタンになります

Windowsに「iCloudコントロールパネル」をインストールすることで、フォトストリームを使えます。

フォトストリームを使えば、iPhone・iPad・PC間で写真の同期がカンタンになります。iPhoneからPCだけでなく、PCからiPhoneへの写真転送もちょちょいのちょいです。

フォトストリームをもっとよく知りたい方はこちらからどうぞ。
iCloud のおそろしく便利な機能「フォトストリーム」の使い方。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ