【iPhoneの基本】使わなくなったアプリを削除する方法

「iPhone 4S がはじめての iPhone」「スマートフォンははじめて」そんな方へ向けて iPhone の基本的なことを解説いたします!

今回は「使わなくなったアプリを削除してみよう」です。

アプリをたくさんダウンロードしていると、iPhoneがごちゃごちゃしてきて使いづらいですよね。使わなくなったアプリは削除して、ホーム画面を整理しましょう。

それでは解説していきます。

ホーム画面でアプリを削除する方法

ホーム画面上でアプリを削除する方法をご説明します!

アプリアイコンを長押ししてみてください。


アイコンの左上に×ボタンが表示され、アイコンがふるふると震えだします。

×ボタンをタップすると、アプリが削除されます。


とても簡単に削除できますね。ただし、アプリ内のデータなども一緒に消えてしまうことがあるので、気をつけてください!

例えば、ゲームのセーブデータはほとんどの場合消えてしまいます。
カメラアプリで、カメラロールに保存していない(アプリ内に保存された)画像も消えてしまいますよ。

どうしても消えてほしくないデータが入っているアプリは削除しないようにしましょう。


設定画面からアプリを削除する方法

ホーム画面が何ページにもわたるほど、アプリをインストールしている場合には、削除したいアプリを探すのも大変ですよね。

そんなときは設定画面からアプリを削除してみましょう。

※この方法は下記の記事を参考にさせていただきました!
【使い方】iPhone/iPad上で効率的にアプリを整理する方法


設定画面を開きましょう。

一般をタップしてください。


次は使用状況をタップです。


使用状況をタップして、しばらく待っていると、インストールされたアプリが一覧で表示されます。

そのときアプリのサイズが大きい順に並ぶのです!


アプリ名をタップすると、削除できます。


iPhoneの容量が足りない…というような時には、できるだけファイルサイズが大きいアプリを削除した方が効果的。

サイズが大きいものから、「必要なアプリかどうか?」を検討してみるもの良さそうですね。

※この方法は下記の記事を参考にさせていただきました!
【使い方】iPhone/iPad上で効率的にアプリを整理する方法

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!