iPad 3 のプロセッサは「A6」ではなく「A5X」かも、という噂。

「A5X」?

現在の iPad 3 に関する噂において、「プロセッサはクアッドコアのA6」というものが有力です。しかし、「A5のまま」という噂も多いです。

そんな中、iPad 3 のプロセッサに関する新しい噂が出てきました。
(リンク先から画像を確認することができます)

Photo of iPad 3 Logic Board with “A5X” System on a Chip – Mac Rumors

リンク先に掲載されている画像は、「A5X」というA5の進化版であるらしいプロセッサのものです。現行のA5チップをもとに、グラフィックのみ強化したものではないか、と噂されています。

僕もこれが正解なのではないかな、と思っています。
(参考リンク:きっとこうなる! @iTakahashikun が考える iPad 3 はコレだ!)

A5はデュアルコアプロセッサですが、不満を感じたことは全くありません。クアッドコアになればより性能がアップするのでしょうが、全く必要だと思っていません。

iPad 3 のディスプレイもRetina化される、という噂を考えれば、グラフィック性能は今のままでは微妙です。よって、グラフィックのみ改良する…とても正しいと思います。

しかし、Androidタブレットの標準がクアッドコアになっていることを考えると、あと1年デュアルコアのまま、とういうのは少し見劣りしてしまいます。

スペック以外の価値を提供できるのがAppleの強みではありますが、はたしてどうなるのでしょうか?発表がとても楽しみです!

今回の記事で参考にしたサイト

Mac Rumors
Photo of iPad 3 Logic Board with “A5X” System on a Chip – Mac Rumors

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ