Launch Center: タイマー設定が可能な超強力アプリランチャー!

LaunchCenter
LaunchCenter


超強力なアプリランチャーLaunch Center – 等のアプリのタスクをスケジュールしますをご紹介いたします。

ただのアプリランチャーではなく、「タイマー設定が可能」となっています。

例えば、毎朝9時に必ず起動しているアプリがあるとします。あなたは、朝9時にそのアプリを手動で起動しなければいけません。しかし、このLaunch Centerにそのアプリを登録し、起動したい時間…つまり毎朝9時にタイマーを設定すれば、プッシュ通知で「このアプリを起動する時間ですよ」と教えてくれ、そのアプリをすぐに起動できます。

URLスキームを自分で指定することができますので、設定アプリの項目(例えばWi-Fiなど)へワンタップでジャンプすることもできます。

さっそく紹介に入ります!

おすすめ iPhone アプリ


Launch Center を起動してみよう

LaunchCenter
さっそく起動してみましょう。

初回起動時には、簡単な説明を行ってくれます。英語ですが、何となく雰囲気で理解できますよ。


LaunchCenter
あらかじめ、3つのショートカット(?)が用意されています。

試しに【Flashlight】をタップしてみてください。


LaunchCenter
画面下部に【Flashlight On】と表示され、iPhone裏側のフラッシュが点灯するはずです。

このように、ここに表示されているショートカットをタップすることで、特定のアクションをおこしたり、アプリを起動することができます。


ショートカットを作成してみよう

LaunchCenter
ここではよく電話する人を登録して、1発で発信できるショートカットを作成してみます。

右上のボタンをタップして、【Add New Launch】をタップしましょう!


【Speed Dial】をタップし、設定したい電話番号を選択します。

LaunchCenter
LaunchCenter


LaunchCenter
電話番号が間違っていないことを確認し、右上の【Done】をタップしましょう。

これで完了です!


LaunchCenter
指定した連絡先のショートカットが作成されました。

ワンタップで設定した人へ発信できます!もう、電話アプリを起動して、連絡先を開いて…そんな面倒なことをしなくてもよいのです。

これは便利ですね!


タイマーを設定しよう

例えば、毎朝9時にAppBankというwebサイトをかかさずチェックしているとします。毎回毎回Safariを開いてサイトにアクセスしてもいいですが…毎日行っていることは自動化すべきです!

Launch Centerを使えば、「9時になりました!AppBankをチェックする時間です!」とプッシュ通知で教えてくれ、すぐにサイトにアクセスできるようになります。

さっそく設定してみましょう。

LaunchCenter
【Launch Website】をタップして、新しいショートカットを作成します。


LaunchCenter
【URL】にアクセスしたいwebサイトのURLを入力しましょう。


ここで画面を左にスワイプしてください。

ここで、プッシュ通知で知らせてほしい日時を指定できます。【Repeat】からは繰り返しを指定できます。毎日繰り返してほしいなら「Every Day」ですね。

LaunchCenter
LaunchCenter


LaunchCenter
タイマーを設定したショートカットには右側に青いベルのマークがつきます。


設定した時間にプッシュ通知され、すぐにwebサイトへアクセスできます!

LaunchCenter
LaunchCenter


このタイマー設定、特定の時間に必ず起動しているアプリがある、という場合にとても便利です!


アプリランチャーとして使ってみよう

LaunchCenter
他のアプリを起動するショートカットを作成するには【App Action】からです。


LaunchCenter
自分のiPhoneにインストールされているアプリの中で、Launch Centerから起動可能なアプリがズラッと表示されます。


アプリによっては、ただ起動するだけではなく特定の動作を指定して起動させることができます。

例えば、Twitterクライアント「Tweetbot」であればツイート作成画面、検索タブなどを開いた状態で起動させることができます。

LaunchCenter
LaunchCenter


作成されたTweetbotアイコンの【Tweet】をタップすれば、すぐにTweetbotの新規ツイート画面を開くことができます。

LaunchCenter
LaunchCenter


よく使うアプリだけれど、ホーム画面1枚目には置きたくない…そんな場合に便利ですね。(アイコンがあまり好きじゃないので置きたくない、という方は多いです)


URLスキームを自分で指定してみよう

LaunchCenter
対応アプリリストに表示されていないがそのアプリへのURLスキームを知っている、または設定アプリの項目(例えばWi-FiやBluetooth)へすぐにアクセスしたい、そんな場合は【Custom App URL】からURLスキームを指定することができます。

URLスキームがよくわからない、という方はこちらの記事をチェックしてみてください→WiFiなどの設定に一発でアクセス出来るショートカットを作成できます!


LaunchCenter
例えば、Wi-Fiのオンオフを切り替えるショートカットを作成したいのであれば、【URL】に「prefs:root=WIFI」と入力します。


LaunchCenter
作成された【Wi-Fi】をタップすれば、すぐにWi-Fi設定へジャンプできます。


以上です。

話題になったのはかなり前なのですが…「通知センターをアプリランチャーとして使うアプリ」だと勘違いしていたため、「どうせすぐに消されるだろう」と、紹介が遅れてしまいました。。すみません。。。

使い方によってはかなり強力なアプリになります!ぜひチェックしてみてください!

おすすめ iPhone アプリ
開発 App Cubby
掲載時の価格 ¥85
ジャンル 仕事効率化
容量 6.0 MB
執筆時のバージョン 1.2.1
アプリのアイコン
Launch Center – 等のアプリのタスクをスケジュールします
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!