メッセージ: iMessageがMacにやってきました【Mountain Lion】

MacでもiMessageが使えるようになりました!

message


Appleの新OS「Mountain Lion」の標準アプリメッセージが、MacにiMessageを連れてきてくれました!そうです。iPhoneやiPadで使えたiMessageがiPhoneでも使えるようなっています。

しかも、Mountain Lionには「通知センター」機能が加わっていますので、メッセージが届いた時に、デスクトップ右上にポップアップが表示されます。

message


もちろん、「通知」だけでなく、通知センターそのものも用意されています。(こちらiPhoneの画像にみえるかもしれませんが、Macです)

message


これは・・・すごい!!!

さっそくご紹介をしていきます。使うための設定も併せて紹介しています。

Mountain Lion をインストール

OS X Mountain Lion のインストールはこちらからご確認下さい
新しいMac用OS「OS X Mountain Lion」の購入・インストール方法と初期設定の手順


メッセージにApple IDを設定

メッセージは標準アプリですので、特にインストールの必要はありません。アイコンを見つけたら起動しましょう。

message


起動しましたら、Apple IDの設定を行います(Googleトークの設定画面が表示されるかもしれません。その時は特に設定作業をせず、画面を閉じて下さい)。

message


画面上部のツールバーから【メッセージ】を探し、その中の【環境設定…】を選びます。

message


「アカウント」の中に、「iMessage」と書かれた項目があります。ここをクリックし、「Apple ID」と「パスワード」を入力します。

message


これで設定は完了です。


メッセージの使い勝手をご紹介

iPhoneと同じような使い勝手

まず、メッセージの送信先を選びましょう。iCloudでiPhoneと連絡先を同期していれば、いつも通りの感覚で送信先を選べます。

message


こちらがiMessageでやりとりしている画面。iPhoneと同じ操作感なので、スムーズに使えます。iPhoneの絵文字もバッチリよめます。

message


*iPhoneの絵文字はMacのメッセージアプリに登録されていないようです。iPhoneに登録されている絵文字を使っての送信は、iPhoneから届いた絵文字のコピペでしか行えないようです

ここで右上のボタンから、すぐにFacetimeを行うことも可能です。

message


ここで一旦メッセージアプリを閉じてみましょう。

そこで相手からメッセージが届くと…

ポップアップ!

message


デスクトップの右上隅に、ポップアップでメッセージが表示されます。

グループでのメッセージやりとりも簡単♪

message


文字を大きくしたり、色を変えてみたりもできます(ただしiPhoneで見た時は普通の文字にみえるようです)

message



様々な情報をワンタップで送れちゃいます

例えば「連絡先」アプリから、連絡先情報をメッセージアプリで送信してみます。

連絡先の中央右下、【編集】の右にあるボタンをクリックして下さい。

message


すると以下の画面が表示されます。あとは【カードをメッセージで送信】を選ぶだけ。簡単です。

message


それだけではありません。適当にファイルを右クリックして【共有】を選んでみて下さい。その中に【メッセージ】という項目があるはずです。なんでもすぐにさくっとメッセージで送れるというわけです。


通知センターとも連携

Mountain Lionには、iPhoneのようにメッセージを受信できる「通知センター」が備わっています。

メッセージアプリが立ち上がっていない時にメッセージが届くと、こちらのようなポップアップがデスクトップ右上に表示されます。

message


上の画像は【バナー】という通知スタイルですが、【警告パネル】というスタイルも用意されています。

*メッセージの通知の設定を変更したい場合、【システム環境設定】の【通知】から行います

message


こちらが【警告パネル】です。【閉じる】と【返信】ボタンがあります。

message


さらに、デスクトップの右上端にあるアイコンをクリックしてみます。すると、画面右側がすっと開き、通知センターが表示されます。

message


メッセージが届くと、メッセージがそこに表示されます。

message



メッセージ × 通知センター のコンボがすごい

まさにiPhoneのメッセージ機能がそのままMacにやってきたような感じです。

iPhoneのようにメッセージの送受信ができて、さらに通知もされます。もちろん通知センターの設定はオフにできますので、ご自分にとって一番便利なように設定するのがよいと思います。

それにしてもiPhoneユーザーにとっては、Macはどんどん便利になっていきますね。

「iPhoneのiMessageの使い方を改めて確認したい」という方は、以下からどうぞ
iMessageの使い方

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ