【iOS 6】通知センターからTwitterやFacebookへの投稿が可能に!(iPhone版解説)

iOS6ShareWidget
iOS6ShareWidget


本日リリースされたiOS 6の新機能「共有ウィジェット」を使えば、通知センターからTwitterやFacebookへの投稿が可能になります!

簡単な投稿のみで、写真を貼付したりはできませんが、それでも通知センターからすばやく投稿できるのは便利です。

さっそくご紹介いたします!

iOS 6のまとめ記事はこちらからどうぞ→【更新中】iOS 6の使い方まとめ。新機能や便利機能をチェックです!

「共有ウィジェット」をオンにしよう!

さっそく「設定」アプリから、「共有ウィジェット」をオンにしてみましょう!と言っても、「通知センターで表示するApp」の項目に「共有ウィジェット」がすでにある場合は何もしなくてOKです。

iOS6ShareWidget
iOS6ShareWidget


もし見当たらない場合は、「通知センターで表示しないApp」から「通知センター」をオンにしましょう。

iOS6ShareWidget
iOS6ShareWidget


通知センターを表示してみましょう!

iOS6ShareWidget
この通り【ツイート】と【タップで投稿】が追加されます。


さっそく【ツイート】してみます。複数アカウントを登録している場合でも、アカウント名をタップすれば指定可能です。

iOS6ShareWidget
iOS6ShareWidget


Facebookでも普通に投稿できます。共有範囲の指定も可能です。Facebookでは大切ですからね。

iOS6ShareWidget
iOS6ShareWidget


「共有ウィジェット」の位置をカスタマイズしよう!

右上の【編集】をタップして、位置をドラッグしましょう。ここでは一番上にしてみました。

iOS6ShareWidget
iOS6ShareWidget


iOS6ShareWidget
このように一番上に位置が変わりました!


サクッとTwitterやFacebookに投稿したい方はぜひ設定してみてください!

iOS 6まとめ記事

【更新中】iOS 6の使い方まとめ。新機能や便利機能をチェックです!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!