【iPhone容量節約術】写真をオンラインストレージに保管して、iPhoneから削除しよう!

iPhone容量節約術 (9)


iPhoneの容量節約術、今回は「写真」ファイルをオンラインストレージにアップロードし、iPhoneの容量を節約していく方法をご紹介させて頂きます。

iPhone容量節約術第1回目はこちら→【iPhoneの容量節約術】写真・動画・音楽ファイルの容量節約は、オンラインストレージを使おう!

写真ファイルの容量を確認しよう。

iPhoneの中にある写真ファイルがどれくらいあるのか。これは設定アプリから確認できます。【一般】→【使用状況】と進み、【写真とカメラ】の【カメラロール】の容量が、今回節約できる容量です。

このカメラロールには、iPhoneで撮影した写真や加工して保存した写真が保存されています。


写真をアップロードする -Nドライブ-

撮影した写真をまとめてアップロードしてくれる、「自動アップロード機能」を使ってみましょう。

iPhone容量節約術 (8)
まず【ファイル一覧】のタブを開き、右上の【ファイル管理】をタップしましょう。


【自動アップロードを】選択すると最近撮影した写真が表示されるので、【アップロード 】をタップします。

iPhone容量節約術 (9)
iPhone容量節約術 (7)


iPhone容量節約術 (6)
するとアップロードが開始し、Nドライブ内に写真が保管されます。


写真をアップロードする -Dropbox-

iPhone容量節約術 (18)
次にDropboxの自動アップロード方法です。【設定】タブを開き、【カメラアップロード】をタップしましょう。


【カメラアップロード】をオンにしたら、カメラアップロードの【有効にする】をタップします。

iPhone容量節約術 (17)
iPhone容量節約術 (16)


iPhone容量節約術 (15)
するとカメラロール内の写真がアップロードされ、Dropbox内に保管されていきます。


写真アルバムの写真を削除する

iPhone容量節約術 (5)
まず写真アプリを開きましょう。


カメラロールを開いたら、右上の【編集】をタップします。そしてiPhone内になくても構わない写真にチェックを入れ、削除します。

これでiPhone内の写真データが少なくなり、容量の節約ができました!

iPhone容量節約術 (4)
iPhone容量節約術 (3)


アップロードした写真を写真アルバムに戻す -Nドライブ-

オンラインストレージ内に保管してある写真は、インターネットが繋がっていれば自由に見れますが、オフラインでは見ることができません。

そのためオフラインで閲覧したいときは、iPhoneに戻してください。

iPhone容量節約術 (2)
戻したい写真を表示したら、画面下中央のマークをタップします。


iPhone容量節約術 (1)
そして【ダウンロード】をタップします。写真がダウンロードされ、カメラロール内に写真が保存されます。


アップロードした写真を写真アルバムに戻す-Dropbox-

iPhone容量節約術 (11)
Dropboxの場合も、元に戻したい写真を表示させ、右下のマークをタップします。


iPhone容量節約術 (10)
そして【[フォト ライブラリ]に保存】をタップしましょう。写真がダウンロードされ、写真が保存されます。


写真がたまりすぎると自動アップロードに時間がかかるため、写真を撮ったときにこまめにアップロードしておくことをおすすめします。

それでは次回は、動画のアップロード方法をご紹介させて頂きます。お楽しみに。


Nドライブ・Dropboxの詳しい記事はこちら

Nドライブ→Nドライブ App: 無料で使える30GBのオンラインストレージに写真・動画・音楽ファイルなどを置ける!

Dropboxや印【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ