標準の「時計アプリ」が最強です! 実はこんなに高機能だったんです。

標準の時計アプリ (9)
標準の時計アプリ (3)


突然ですが、標準の時計アプリが、いかに高機能なのかをご紹介したいと思います。

アナログな目覚まし時計は、アラーム設定を1つしか設定できず、携帯のアラームでも10〜20個程度と数が限られていました。しかし時計アプリなら、アラームを100個以上もセットできるのです。こんなアラームは他にありません!

またタイマー機能は、カップラーメンができる3分を待つだけでなく、指定した時間で音楽再生を停止してくれる機能もあります。音楽を聞きながら寝てしまっても、大丈夫。

つまり1日は、時計に始まり時計に終るのです(?)。さっそく見ていきましょう。

アラーム

アナログの目覚まし時計だとセットした時間と、スヌーズ機能の合計2回ぐらいしかチャンスがありません。これで起きる自信がない人は目覚まし時計を複数用意しなければならないですよね。


地味に高機能なアラーム

標準の時計アプリ (9)
最短で1分おきにセットできたり、何個でも作れたりと、標準時計アプリのアラーム設定は自由自在なのです。

いくつもセットできるので、朝が苦手でたくさんセットしていたら、いつのまにか97個もセットされていました。

右上の【+】を押して、アラームをセットしてみましょう。


標準の時計アプリ (8)
朝が弱いという方は、必ず「スヌーズ」をオンにしておきましょう。

「繰り返し」ではアラームが鳴る曜日を設定できます。

そして最も重要なのがサウンドです。

「小鳥のさえずりのような音だと起きれない」という方はこの方法を試してみてください。



工夫1.サウンドを電話の音にする

標準の時計アプリ (7)
「この時間には絶対起きなきゃいけない」という時間に、電話で設定しているのと同じ音楽をセットしましょう。

「やべえ!寝坊したから電話がかかってきた!」と焦って起きられます。



工夫2.アラームを用意しておくと次が楽

なぜ私が97個ものアラームがセットされているかというと、1度使ったアラームは消さないでオフの状態にして置いてあるからです。

あらかじめたくさん用意してあると、次またその時間にアラームをセットしたい時に、オンにするだけでいいから楽チンなのです。

標準の時計アプリ (6)
標準の時計アプリ (5)


信頼性が一番高いのも魅力です

他のアプリよりも、アラーム機能の信頼性が高いのも魅力です。iPhoneの電源を切ってもアラーム設定は消えませんし、指定した時刻にきちんとなります。

また、iOS 6からアラーム設定で「ミュージック」アプリ内の曲を選択できるようになりました。

標準の時計アプリは、なにげに高性能なアラーム機能をもっているのです。


タイマー

タイマーといえば、カップラーメンができる3分を待つくらいしか用途がなさそうですよね。しかし、標準アプリのタイマーはとっても便利な機能があるのです。


タイマー機能でおやすみなさい

寝る時に音楽を聞く方は、タイマーを設定して寝ましょう。【再生停止】に設定すると、設定した時間で音楽が止まります。

消える時も、フェードアウトされ停止を押すよりもナチュラルに停止します。

標準の時計アプリ (4)
標準の時計アプリ (3)


世界時計、ストップウォッチ

世界時計

標準の時計アプリ (2)
世界時計は、世界各国の時間をみることができます。

日本の時間と海外の時間、両方を登録できるので、時間差がどれくらいあるのかを比べられます。

Appleの発表イベントや、サッカーの試合を観戦したい時など、日本にいる時でも海外の時間が知りたいときはけっこうありますよね。



ストップウォッチ

スポーツ選手が使っていそうなアシックスの高性能なストップウォッチ(¥6000)はラップが100回まで記録できるようです。しかし我らがiPhoneのストップウォッチは、もっとスゴイ。

標準の時計アプリ (1)
今回試しにやってみたところ、なんと1000回以上も記録できました。

1000回もラップとることなんて、そうそうないと思いますが、無限大なのではないかと思わせるのがすごいね。

また記録をメモしたい時は、スクリーンショットを撮れば、簡単に記録できますね。


時計アプリは地味に最強なのです!

いかがでしたか?

標準の時計アプリは、こんなにも凄かったというのが伝わったでしょうか?これから標準アプリについてたくさんご紹介していくので、乞うご期待!


【完成版】iOS 6の使い方まとめ。新機能や便利機能をまとめてチェック!

【更新中】iPhone 5の本体比較、性能比較、LTE速度比較、その他のまとめ!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!